どうなる宝飾業界Part3

Pocket

宝飾業界を志す有能な若者に立ちはだかる大きな壁・・・

オリジナリティーを追求しろという事です。

とても重要な事です・・・

学校の先生達が口を揃えていう大切な事でもあります・・・

でも不思議な事が一般的なジュエリーショップでは起こっています。

ちょっと古い話になりますが、荒川静香が金メダルをとった時に、耳にしていたピアスをご存じでしょうか?

ダイアが3つ並んでぶらぶら動くピアスです。トリロジーという商品ブランドでダイヤのひとつひとつを、過去、現在、未来というキャッチコピーで売り出しているあれでした。

荒川静香の金メダルの後ですが、ほとんど全てのお店で同じようなデザインのピアスが並んでいます。

なぜでしょうか・・・

売れるからです。

売れる、ニーズがあるデザインをほんの少し(もしくは大体)真似して商品開発をする事はいけない事なのでしょうか?

電子レンジでシャープの“ヘルシオ”という水で焼くオーブンというのがあります。油分や塩分を今までの調理方法より大幅にカットできて健康に良いという商品でした。

水で焼く?

よく調べてみると、加熱水蒸気というシステムを使うという事で水で焼く事ができるという事でした。

先日ヤマダ電機に足を運ぶ機会があり、電子レンジコーナーを見てみると、どこのブランドも、水で焼く、加熱水蒸気で焼く、320℃で焼くなど、シャープしかなかった水で焼く機能が、ついていました。

シャープのヘルシオの真似じゃん・・・

みなさんはどう思いますか?

僕はビジネスならしょうがないと思います。

だって、現場で売り上げを追い求めている人達にとって、売れる商品を開発に要求するのは当たり前ですから、当然、開発の人も本当は興味がない事でも、売れる技術であれば、開発するのはビジネスなら当然です。

僕はよく学校の説明を聞きに来る人達にこう聞きます。「アーティストになりたいの?それとも、ビジネスとしてジュエリーに取り組んでいきたいの?」と・・・

アーティストは、自分の表現したいものを自由に表現して、わかる人だけにわかってもらえるジュエリーを作ればいいのです。

そう、オリジナリティーを徹底的に追求し、今までに見た事がない、斬新なデザインのジュエリーを・・・

でも、ビジネスとしてジュエリーに取り組むのであれば考え方は違ってくるのではないでしょうか?

売れるのであれば、トリロジーに似た製品を作っていく事は必要な事だと僕は思います。

売れるという事は、そのジュエリーを買ってくれるお客様が求めているという事でもあります。

お客様のニーズがあるものを、作っていく。

当然のことですよね。

でも、この行為は学校の先生達に言わせると、真似であり、否定的な見解をもたれる方もいるとは思いますが・・・

売れている商品をほんの少し真似している商品を置いているお店を見つけたら、学校の先生達はお店の人達を怒ってくれるのでしょうか、「オリジナリティーを追求しなさいっ!」と・・・

僕の学校では、真似を否定しません。

だって、真似って実はそんなに簡単な事ではないですし、オリジナリティーを追求して、見た事もない、売れない商品を作るよりは、なんだかよく見るけど、売れる商品をつくる事は大切な事だと思いますから・・・

ジュエリーに悩む多くの人達に僕はそっとアドバイスです。新しいデザイン、新しい商品、オリジナリティーがある商品、この言葉に迷わされずに、一番人気があるものをしっかり作れるようになる事にまずは取り組んでみるのはいかがでしょうか・・・

お客様が喜んでくれるのであれば・・・

Pocket

緑の街、横浜へ!

Pocket

今度、横浜に引っ越します。

横浜といっても、横浜の北の方にある港北ニュータウンです。

僕の実家は埼玉県入間市というところで、小さいころ喘息だった僕の為に両親が空気の良い所へという理由で、移り住んでくれたところです。

大人になってから引っ越した理由が僕だという事を知って、両親には感謝をしています。特に親父は夜遅く、朝早かったので通勤は大変だったんじゃないかなと思います。

あらためて、どうもありがとうございました。

ふと気がつくと、僕は東京で暮らし始めて、もう15年近く経ちました。

もう便利が当たり前という感じですごしています。

通勤に便利なところを転々と引越しをしてきましたが、今回の横浜への引越しは今までの引越しと少しわけが違います。

去年の3月に僕に息子ができました。“りょうま” という男の子です。

かわいいです・・・

ほんとに・・・

僕は、父親としてこの子に何を教えていったら良いのかと考えます。

いろいろありますが、やっぱり友達がたくさんいる子になってくれたらと思います。

最近では、小さい頃から英語を習わせたり、いろいろな習い事をする子供が増えているそうです。

子供も大変です。

もちろん、りょうまにもいろいろな事にチャレンジさせてあげたいとは思いますが、僕は東京の都会も大好きですが、小さい頃育った入間市も好きです。近くには林や川も流れていて、地域に小さな駄菓子やがひとつしかないような場所でした。(今は結構都会化していますが・・・)

僕はいろいろ考えて、りょうまに “緑や自然がたくさんある所で遊ぶ”という事を教えてやれたらと思って、横浜の港北に引っ越します。

僕は保育園に行っていた頃、泥の団子をピカピカに、そしてとっても固くつくる作り方を身につけていて、「たくまの泥団子はすごい」と褒められた事を今でも覚えています。

もうひとつ、大工さんがいえをつくっている所に保育園のみんなでいって、木の切れ端をもらい、工作をするという事があったのですが、僕は、車のように見える木に、板を飛行機の羽のようにつけて、くるまひこうきを開発して褒められた事を今でも自慢にしています。

僕自身は、勉強はそんなに優秀じゃなかったですが、泥団子とかは今でも結構自信があります。

りょうまがもう少し大きくなって、泥を食べないようになったら、泥団子の作り方を教えて、友達の人気者にする作戦です。

そんな思いを胸に横浜に引っ越します。

横浜のみなさんよろしくお願いします。

Pocket

どうなる宝飾業界Part2

Pocket


本日はお日柄もよく、先週素敵なランチのお店を見つけたので誰かにどうしても教えてあげたい衝動にかられていました。

そのお店は、“イタリアンをお箸で食べさせる”というコンセプトのお店で、内装も素敵感たっぷりでした。

お店の前のメニューボードに、牛フィレステーキ、サーロインステーキ、なんとかスパゲッティ、と書かれていて、詳細を見てみると、サラダ、バゲット、ライス、デザート、食後のドリンクと当然メインディッシュがついて、¥1000 と書いてあり、なんだか吸い込まれるように入ってしまいました。

サラダは素敵なお皿に山盛りで、生ハムが2枚ものっていました。

バゲットはナッツが沢山入っていて、とっても香ばしかったです。

フィレステーキはミディアムに上手に焼いてあり、とってもジューシーでした。

ライスはひとつぶ一粒がしっかりとたっていました。

デザートは少し小さめでしたが、コーヒーとあわせて食後の贅沢な時間を演出してくれるには充分でした。

どうしても誰かに教えたい。

ということで、アリーのあきちゃんと小野寺先生をさそって僕はもう一度そのお店に足を運んだのでした。

お店に行く前に2人には凄いいいお店を見つけたんだよと一生懸命プレゼンし彼女たちのテンションを最高潮まで持って行こうと努力をしつつ、お店の前に・・・

値段があがっていました・・・

1200円に・・・

でも笑ってごまかし、店内に・・・

2人はお店の雰囲気の良さにとても喜んでいたように思えました・・・

席にすわり、メニューを確認すると、なんと、デザートが書いてありません。

値段が上がっていたのは笑ってごまかせるけど、デザートがないのはごまかせません・・・」

僕は意をけっして、店員さんに聞きました。「先週は1000円でしたよね、それ
と、デザートがついていましたよね」と・・・

店員さんは笑顔で、「1ヶ月に1週間だけサービスで¥1000にして、デザートをつけているんですよ」と・・・

サービスしすぎです・・・

僕はとても残念な気持ちになったのですが、あんまり2人は気にしていなかったのが幸いでした。

サービスって大切ですけど、無理なサービスや続けられないサービスって、一長一短ですよね。僕のあのお店のスタンダードは¥1000で、デザートがついているのがスタンダードと感じてしまったので、もともとサービスだと知っていれば、そんな風に感じなかったかもしれませんが・・・

知らなかったので、もう感じてしまっていたのです。それがスタンダードだと・・・

せっかくのサービスなのに、今日の僕は不満を感じてしまったのです。(お店の方、すみません・・・、接客と、味は最高です、また必ず行きます)

品質のブレを無くす事ってとっても大切ですよね。ジュエリーも一緒です。僕はアリーを通じてたくさんのお客様に接しますが、ついつい頑張って喜んでもらおうとしちゃいます。なんか盛り上げようとしてしまいがちです。

でも、僕はたまにハイテンションにはなれない時があったりします。そんな僕の品質の差はお客様に不満を与えてしまっているかもしれません。

ジュエリーの品質もそうです。やはり人間が作っているモノなので、品質の差がどうしても出てしまうのも否めません。長年やっている職人さん、まだ新米の職人さん、どうしても差が出てしまいます。もちろん、どこのメーカーも必死に検品をして、品質のブレを無くす努力をしています。

でもチェックすればするほど、プロであればある程、品質のブレを感じてしまうものなのです。

この差を無くす事が、全てのお客様が安心してジュエリーを買える事に一歩前進するという事に僕は確信を持っています。

しかし、品質のブレを無くす事はとっても大変ですが、どうしても取り組まなければいけない事なのです。

つづく

Pocket

学校が本当に教えなくてはいけないこと。

Pocket


ホリエモン実刑になっちゃいましたね・・・

僕は、ホリエモンをせめるつもりもないし、養護するつもりもありませんが、考えさせられます。

僕の学校には、当然ジュエリーを習いに来る人達がたくさんいます。OLさんをはじめとして、主婦、宝飾職人、学生、CGクリエイター、お花屋さん、いろいろいます。僕はジュエリーを教える事は当然ですが、教室で感じてもらいたい事のひとつとして、人と人のつながりの大切さを感じてもらいたいと思っています。

僕は、最近幸せです。

先日お誕生日でしたが、生徒からメールをもらっちゃったり、ケーキをもらっちゃたり、CDをもらっちゃたり、凌磨のおもちゃまでもらっちゃいました。(凌磨は息子)

誕生日は相変わらず忙しく、家に帰ったのは、23時をすぎていました。

でも、僕の為にキルフェボンの赤いフルーツのタルトを用意して待ってくれている家族がいました。

なんか幸せかなと思います。

ちょっと前に、ホリエモンの事うらやましいな・・・なんて思った事あります。

近鉄買えるぐらいお金持ちだし、六本木ヒルズに住んでるし、芸能人に知り合い多そうだし、しかも僕とほとんど同い年だし・・・

でも今は僕の方が幸せだなと思います。

僕は、六本木ヒルズに住めないし、お金もあんまりもっていなし、芸能人の知り合いなんて、ほとんどいません。

ホリエモン凄いけど、息子の凌磨には、お金がなくても友達に囲まれていたり、困った時に助けてくれる仲間ができるように育てていきたいと思っています。ホリエモンは凄いけど、凌磨はホリエモンのようにはならなくていいと思っています。

たぶんですが、ホリエモンは今さみしいんじゃないかな・・・なんて思ったりします。仲がよかったはずの宮内さんとも離れてしまっているし・・・

お金は大切ですよね。

ホリエモンはお金を稼ぐ事はとっても上手だし、もしかしたら悪い事をしていたのかもしれませんが、お金を稼ぐ勉強は沢山したんじゃないかなと思います。

でも彼が忘れてしまった勉強があると思います。

人と人のつながりの大切さです。

お金をたくさん持った事もないくせにと言われそうですが・・・

世の中お金が全てじゃないですよね。

幸せはお金があっても買えないですよ。

だって、ホリエモンお金持ってますけど、今は、幸せじゃないと思います。

僕の教室では、やっぱり人と人のつながり、大切にしてもらえたらと思います。

だって、幸せになれますから・・・

Pocket

僕が、宝飾業界で働く理由Part2

Pocket


いつだったかなー指輪が作れるって知ったのは・・・

17才をちょっとこえたぐらいだったかな・・・

ある彫金教室に足をはこんだのがきっかけでした。

僕は、社会に出たら、仕事をバリバリしちゃう、エリート会社員を実は目指していました。将来社長になってやるぐらいの事を夢のように考えていた頃です。

そんな中、そこにいる人達に出会ったのでした。

なんだかとても楽しい、いい意味でゆるい人達がそこにはいたのです。

そこで出会った人達は、とても素敵な人達で僕はそこにいるのが少しずつ好きになっていった事を覚えています。

ぼくは宝飾業界の実情など知らずに漠然と、そこにいる人達を“うらやましいな”なんて思うようになり、いつか僕もこんな仕事ができたらとほんの少し思い始めたのでした。

しかし、僕の夢はエリート会社員でもありました。この宝飾業界で僕が戦って行くには必要な事はなにかを考えなくてはいけなかったのです。

そして、僕はまず全く違う業界の営業を頑張る選択をしたのでした。

今、思い出すとジュエリーから離れていた時間は実はとても大切な時間で、ビジネスを考える思考を与えてくれたとても有意義な時間でした。

その時、僕を見捨てないでいろいろな事を教えてくれた先輩・上司・職人の方々・そして先生達、改めてどうもありがとうございました。

離れたから見えてきた事。

自分のできる事よりも、お客様がして欲しい事を考えなくてはいけないという事。

消費者のニーズの変化が激しく、流行がとてもスピーディーに流れて、変化が激しいという事。

そして、自分自身も変化を拒んではいけないという事。

古き良き時代を思い出にする事はいいけど、しがみついてはいけないという事。

動く前に考える事、考えただけで終わらせないで、行動に移さなくてはいけないという事。

もっともっと、いろいろあるのですが、これくらいにして次にいきます。

僕は、人に出会う事が大好きです。

もともと僕の原点は、作る事も好きでしたが、教室の雰囲気が大好きだったし、たくさんの人と出会える学校経営という選択をした事は、必然でもありました。

そして、自分自身が受けてきた教育に対する感謝や不満を思い出すと、どんな教室にしたら生徒が喜んでもらえるのかを考えました。そして、宝飾の現場の人達にもどんな学校の卒業生が優秀で、どんな人材を育てていかなくてはいけないのかをたくさんの方からアドバイスをいただきました。

そうすると、明確に自分自身に足りないところが見えてくるのでした。

つづく

Pocket