間違いのないジュエリーCADソフトの買い方。エヴァンスバージョン編

Pocket

寒い・・・

今日はとっても風が冷たい・・・

 

でもちょっとあったかい話。

 

本日から、ラヴァーグで公式に採用されているジュエリーCADソフトでもあるライノセラスのジュエリー専用プラグインソフトでもある、“エヴァンスUitima”がフルバージョンアップした事をきっかけに、ソフトの金額が変更になりました。

 

新しいソフトの名称は “ EVANCE ULTIMA DECADE ” というバージョンに変わり、金額も¥150,000(税別)に変更になりました。

ラヴァーグでも10年前から正式採用されているプラグインソフトなので、最も現場で活用されている可能性があるプラグインソフトなのかもしれません。

 

もともと、このプログラムはジュエリー職人として制作をしていた甲府の成島さんが、ジュエリーCADでクライアントから依頼された原型を作る中で、今まで求められていた手作りのノウハウをコンピューターの中で速く、正確に作り上げる為には・・・。と考える中で生み出された、自分の仕事を便利にする為だけに生み出されたプログラムでもありました。

 

宝飾の職人からプログラマーになる。という最早後にも先にも出てこないであろうという才能をもった天才なのかもしれません。

 

そのプログラムはとても便利で、現場のジュエリーCADのオペレーターの人達が当時使っていたソフトウェアと比べると、かなりの作業の短縮とクライアントの要望を正確に実現する事ができる。と支持をうけ、エヴァンスバージョンとして市販された経緯があるソフトでもあります。

 

ラヴァーグも付き合い始めて10年以上経ちます。

 

その間、いろいろな方向にアンテナを伸ばしながら成長を続けているソフトが実はこのたび、アカデミック価格でラヴァーグの生徒達には販売をする事ができるようになりました。

 

その金額はなんと20%OFF!!

 

ではなく、半額の50%OFF!という値段を出してもらえる事に決定しました。

 

アカデミック価格というのは、いろいろなソフトウェアメーカーが実は設定しているのですが、一般的には小学校や中学・高校・大学、または学校法人を取得している各種専門学校じゃないと提示してもらえる事はありません。みんな厳しい規律をもって取り組んでいます。

 

そんな中、ラヴァーグは普通の民間企業でもあり、学校法人の取得はしていないのですが、ジュエリーCADを日本に広める事を目的として立ち上がったラヴァーグジュエリースクールの実績が評価され、今ではライノセラスの総販売代理店のアプリクラフト社からもラヴァーグのライノセラスはエデュケーション版を使用する事を許可されている学校となっています。

 

そんな中、エヴァンスバージョンもとうとうアカデミック価格を設定してもらえる事になったのです。

 

通常価格150000(税別)が、アカデミック価格¥75000(税別)。

 

¥75000もお得です。

 

という事は・・・

 

ラヴァーグのジュエリーCADコースは通常価格が2つあるのですが、(詳しくはここをクリック)普通にエヴァンスを買うと15万円かかってしまうところ、ラヴァーグの生徒になってから買う方が75000円安く買えるので、その分学費に回す事ができるのです。

 

これからエヴァンスの購入を考えている方は、本気で使いこなしたいなら、ぜひラヴァーグに足を運んでみてください。

 

ソフトはなかなか独学で学ぶ事は難しいです。良い仲間たちに囲まれてたくさんのモノ作りに囲まれていないと本当の意味でのスキルは身に付きません。

 

また、少しジュエリーCADのハードルが低くなってくれました。

 

今は、エヴァンスバージョンが新しくなったので、先生達は新しいコマンドの解説書や動画を作り始めています。

 

ソフトを購入される方を含め、少しずつリリースをしていく予定です。

 

多くの人に知ってもらいたいので、ジュエリーCADの総合情報サイトに動画は無料でリリースしていく予定です。楽しみしていて下さいね!!

 

実は、もう1ついい話もいただいているのですが、それは次回に紹介させてもらいますね。

 

 

Pocket

SNSでもご購読できます。