伝統の一線を越える。

Pocket

校長です。

 

伝統的の一線を越える。

 

すごく怖いです。

なぜなら、真っ先に石を投げてくる人が多いるキーワードだからです。

伝統を守る事は文化としては大切です。

学校の先生達や研究者の人達は頑張ってもらいたいです。

 

でもビジネスにおいてはどうでしょうか?

 

地方創生や地域活性化の視点からすると、伝統をブランド化していく戦略もありです。

 

ただね。

 

このキーワードで若者をしばりつけないでほしいです。

いま、大切な事は伝統をただ守る事ではなくて、伝統とどう混ざっていくのか。という事。

 

いい習慣は残す。

古い習慣は改善する。

 

残すべきもの、変えていくべきもの。この違いが分からない人に限って伝統を残す。と強く言っている気がします。

なぜなら、変えていくべきものを判断するには努力と決断力がいるからです。

 

新しい事を知る努力もせずに、伝統・伝統と言い続けるのは楽です。

そもそも、変化をする為には努力がいるからです。

 

知らない事を知る努力は大変です。

お金も時間もかかるからです。

 

新しいものを取り入れていくのは本当に大変です。

僕がジュエリーCADに力を入れていく。と決めた時も多くの職人さんがネガティブな印象をもっていました。

 

でも今は違いますよね。

 

うちの会社はPOSを先月から導入しました。

 

生徒管理や在庫管理をする為です。数百万もするので迷いました。

しかも、お金を払えばすぐ使えるかというとそうではないです。

 

今まで使っていたシステムを捨てて、新しいシステムを入れるのは大変です。

事務方も先生達もいま、新しいシステムの活用に四苦八苦しています。

 

POSで生徒管理?と思うかもしれませんが、かなり凄いです。

ひとりひとりの生徒のあれこれをしっかりと共有していく事は、生徒達の目標管理やモチベーション維持につながるはずです。

 

ちょっと横にずれてしまいましたが、昔のまま脳内が止まっている人も世の中にはいます。

ただ、厄介なのは本人が脳内が止まっている事に気が付いていない場合が多いのです。

 

気が付いていても自分が古くなってしまっている事を認めたくない人も多いです。

伝統を知る事も大切です。でも同じぐらい新しい事を知る事も大切というお話です。

 

伝統の一線を越えていける人が、その他大勢から抜け出していける事を知ってもらいたいです。

伝統を越えていきたい人は、いちど恵比寿に足を運んでみると、守るべきところ。変えなくてはいけないところ。この違いがわかるはずです。

 

Pocket

一番お客様がきてしまうセミナー・・・

Pocket

【1番お客さんが来てしまうセミナー】

 

松尾です。

 

お花見楽しんでますか?僕は土曜日にしっかりとお花見を楽しんできましたよ!

 

来月の経営者向けの神戸国際宝飾展のセミナーの報告です。

http://www.ijk-fair.jp/To-Visit/seminar/

金曜日に運営会社のリードの担当の方が恵比寿に足を運んでくれました。

 

セミナーの集客状況はどうですか?
と聞いたら・・・

 

なんと、ダントツで1位だそうです。

 

ありがたいです。

 

でも、もともと、そうなるように内容やタイトルを考えたので、予定通りともいえます。

 

でも、予定通りになっている。という事は、やっぱり僕が歩いて集めてきた情報があってる。という事になってしまいます。

 

それはそれで、やっかいです。

 

僕は、大企業ブランドの作り方は分かりません。
ティファニーやカルティエの作り方も分かりません。

 

まっとうなデザイナー
まっとうな小売店

 

この2つが生き残れる方法を知っている。と思っていました。

 

でも、小さな会社の悩みも。
大きな会社の悩みも、似ているのかもしれません。

 

でも、僕は大きな会社の事はよく分からないので、小さなデザイナーショップや、町の小売店が生き残れる方法をしっかりと伝えてみようと思っています。

http://www.ijk-fair.jp/To-Visit/seminar/

Pocket

高い電子レンジを買ってはいけない!・・・温めしか使わない件。

Pocket

松尾です。

 

僕は11年前に家を買いました。

自分なりにはかっこいい家を買いました。

 

だから、テレビとかも当時は55インチのテレビを60万円ぐらいかけて買ったりもしました。

冷蔵庫も大容量です。

 

せっかくマイホームをゲットしたので、いろいろな所にこだわりたかったのです。

そして、電子レンジです。加熱水蒸気でいろんな事ができる。というシャープの凄いやつです。

煮る・焼く・蒸す・温める、その他いろんな微妙な事ができる奴です。

 

これさえあれば、毎日の食卓も華やかになるし、クリスマスには七面鳥の丸焼きなんかも出てくる。

 

はずでした・・・

うちの食卓で七面鳥に会った事はまだありません・・・

 

煮るのはいつも普通にガスコンロでお鍋でじっくりコトコト煮込んで作ります。

焼くのは、僕はたき火が趣味なので、いつも七輪で炭火焼で肉や野菜を焼きます。

ガスコンロについているグリルで魚も焼いたりします。

 

蒸す?

 

あんまり、蒸しません。

いや、安納芋を蒸したりします。

でも、それも蒸すようの鍋でじっくりガスで蒸しあげています。

 

じゃあ何に電子レンジを使っているのかというと・・・

考えてみると・・・

 

温める

 

という機能しか使っていませんでした。

温めるだけだったら1万円ぐらいの電子レンジで良かったのでは・・・

 

でも、お店の人が僕に強く勧めてくれたんです・・・

この機能がないと今時はだめ!

これが出来るのが今時は普通!

ふっくら蒸し上げる機能が凄いんですよ!

 

こんな話を聞くと、これらの機能がない電子レンジがダメな電子レンジに見えてきてしまったのかもしれません。

次にお買い物をする時には本当に自分に必要な機能は何かをしっかり考えて買いたいと誓う今日この頃です。

 

なぜ、今回こんな話をするかというと、学校選びにも同じことが言えるからです。

 

あなたが学校に入学する目的はなんですか?

あなたは学んでから、どうなっていたいのですか?

 

この事をしっかりと理解しないと、あなたには必要がない知識を買わされてしまう事があるんです。

教育ビジネスはカリキュラムを販売する事で成り立っています。

学校やスクールは何とかしてカリキュラムを売りたいと思っています。(もちろん僕も思っています。)

 

なぜ、このような事を今回書いているかというと。

こんな人がたまにいるからです。

 

僕達から見たら、もういろいろなジュエリーを作る事ができる技術がある。

ブランドを立ち上げて、売上を立てる事ができる技術は既に身に付けている。

こんな人がたまにいるんです。

 

彼の目的はブランドを立ち上げ売り上げをたて、自由に時間を使いながら好きな生き方で人生を過ごしたい。と思っていました。

 

僕はとっとと、Webサイトや販促ツールなどを整え見込みを増やすアクションを始めるべきだ。とアドバイスをしました。

しかし、彼はまだまだ学び足りない。と思っているのです。

 

彼はまわりの人にダメなところ。足りないところを指摘されつづけてきたので、知識を技術を身につけないと・・・

と思い込まされていました。ましてや学校の先生みたいな人に会うと、いつも「まだまだですね。」と言われていたそうです。

 

ところが、つい先日、「ラヴァーグの学費は回収する事ができた。」と言ってもらえました。その時にもうひとこと言われた事は、「もっと早くラヴァーグに気が付けば良かった・・・」です。ちなみに入学して4カ月です。

 

ちなみに、彼はどのコースに入学しにきたかというと、ジュエリーCADコースです。

でも、僕は彼にジュエリーCADコースは必要ない。と言いました。

 

僕が彼に勧めたコースはアントレプレナーコースです。

アントレプレナーコースはここをクリック。

なぜ、ジュエリーCADを勧めなかったかというと、そんなの無くても大丈夫な人だったからです。

もうこの宝飾業界で13年ぐらいのキャリアがある人でした。

 

今の時代はジュエリーCAD!

と言いたいところですが。

 

それは人それぞれです。

本当に必要な技術や知識は身に付けて下さい。

でも、わけわからないこだわりに振り回されて、はじめるタイミングを間違ってしまったり、

無駄な学費を払わないようにしてほしいのです。

過ぎた技術や知識を買わされないように気を付けて欲しいのです。(古い使えない知識も買わされないように気を付けて下さい。)

 

あなたがなりたいものは何ですか?

下請けの職人ですか?

大ブランドの歯車のひとつですか?

どれも幸せな仕事です。

 

本当に必要なものだけを勧めてくれる学校を探し出してくださいね!

Pocket

国際宝飾展のセミナーに来てはいけない。

Pocket

松尾です。

 

神戸国際宝飾展のページにセミナー情報が掲載されています。
http://www.ijk-fair.jp/To-Visit/seminar/

 

でも、このセミナー来ないでほしいんです。

 

なぜなら、苦痛をともなうからです。
人は自分が信じてきた事を変える事がなかなかできません。

 

過去の成功。
尊敬している人のアドバイス。
これを信じたいんです。

 

業界の人には気が付いて欲しくないんです。
このままでは行き止まりになるかもしれない事を。

 

気が付いてしまうと苦しいんです。
気が付いてしまうと2つの道を選ばないといけないです。

 

①気が付かないふりをする。
②変化に対応する。

 

①は楽です。でも②は大変なんです。

 

もしかしたら、今まで信じていたものを否定する事になってしまうからです。

 

視点を変えてみよう!
新しい事にチャレンジしていこう!

 

簡単に言えるんですが、実はこのスローガン苦しいです。
今を疑う事をしなくてはいけないから。

 

できれば、気がつかずに穏やかに生きていってほしいです。その方が楽なんです。

 

試しに今回のセミナーの内容を何人かの業界の経営者に練習を兼ねて伝えてみました。

 

みんな苦しみはじめてしまいました・・・
気の毒です・・・
顔面蒼白です。
もしかしたら、うんこをもらしてしまったかもしれません。

 

知らないでいれば、こんなにあせらなかったのに・・・
知らないでいれば、努力を始めなくても良かったのに・・・

 

でも、僕は信じています。生みの苦しみを味わった人だけが、未来の成長をつかめる事を。

 

全国の小売店の経営者の人達は来ない方がいいですからね。
デザイナーやクリエイターの人も来ない方がいいですよ。

http://www.ijk-fair.jp/To-Visit/seminar/

Pocket

【お客を集めてくれる学校になる。】

Pocket

生徒達が本当に欲しいもの。

じつはとっくの昔に分かっていたんです。でも、自分たちも苦労していたから黙っていたんです。

 

昔は技術を学べばプロになれる。

プロになるには技術を身につけろ。

その為には学校に通う。

 

そんなロジックの学校が多かったです。

 

しかし、僕が宝飾の現場にかかわりはじめた時に一番言われたことは、ジュエリーの学校を卒業しても現場では使い物にならない・・・でした。

 

学校の教育カリキュラムと現場で必要なスキルが5年ぐらいずれていたんです。

昔のままを教え続けていた学校と設備をどんどん導入して合理化していった現場とのギャップが生まれていたんです。

じつは、このギャップを埋められていない学校はまだまだたくさんあります。

 

このギャップを埋める。

 

そんな思いでラヴァーグが恵比寿に移転し日本初のジュエリーCADの専門学校として立ち上げたのは。

僕がライノセラスの公認トレーナーを取得したのもこの時期でした。宝飾業界ではこのトレーナー資格をしたのは僕が第一号だったのも、責任を感じた思い出です。

 

当時は手作りとCADを両方必要になる時代が必ずやってくる。なんとかして高いクオリティーのモノづくりを簡単にする。昔は10年かかっていた事を数カ月で実現する。などなど技術的な話をよくしていました。

 

しかし、不景気というわけではなかったのですが、技術がある人達が仕事がない・・・。

技術がある人達が、この業界の未来に対して暗いビジョンを持っていたのも事実でした。

 

これは、12年前にお店を出す。と決めた理由でもありました。いいジュエリーをつくるだけではだめだ。優秀な下請けになるだけでもだめだ。自分で直接お客とかかわっていける力を付けないと・・・と思ったんです。

 

もちろん苦労しました。お店を出すって本当に大変です。ましてや黒字にする。安定させる。継続していく。本当に大変でした。でも、もっと大変なのはネットショップで売り上げを立てる事でした。ここにはお店以上の時間がかかりました。

 

でも、生徒達が学校に入学する理由を聞いていくと。もっとも知りたいことは、ジュエリーの作り方と同じくらい、ジュエリーの売り方だったのです。だから、お店をだして3年もかかりましたが、やっと黒字になった時に3年間を振り返って苦労した事。失敗した事。ほんの少しうまくいったこと。

 

それを体系化してカリキュラムにするのに2年かけました。カリキュラムを整え、先生を揃え技術の次のステップを教える事ができる学校を目指したのです。この方針は大当たりでした。当時のリクルートの担当からもいろいろな業界を含めてもここまで教え込んでいる学校はない。といろいろな特集に無料で紹介してもらう事もできました。たくさんの生徒にも協力をしてもらった事もありがたかったです。

 

技術とブランディングスキル・マーケティングスキル。

ここがラヴァーグが選ばれる理由でもありました。

 

そして、最初に書いた生徒たちの本当に欲しいもの。

気が付いていたのに出来なかったこと。

 

技術を教える。

ビジネスを教える。

最後はお客を紹介する。

 

僕たちは生徒が立ち上げたブランドにお客が集まる取り組みをはじめています。

技術を教えて、ビジネスを教えて、お客を紹介する。そこまで進んだ学校を作りたいと思います。

 

どうやって?

お客を?

 

と思う人はうちのスタッフであれば誰でも詳しく説明してくれるはずです。

随分いい感じになってきているので、興味がある人はスタッフに聞いてください。

 

 

 

Pocket