日記

Pocket

Pocket

彫金教室の勧め。

Pocket

彫金教室のすすめ。

という事ですが。

僕はすべてのジュエリービジネスにチャレンジしている企業や職人さんに小さくても良いので彫金教室を経営してもらいたいと思っています。

教える内容は、普通に彫金でもいいし、ジュエリーCADや銀粘土などでもいいと思います。

 

なぜ、僕が彫金教室の経営を勧めるのかというと。

僕自身が歩いてきた道を振り返って学校経営して本当に良かったと思う事がいくつもあったからです。

 

僕はここ最近色々な会社の人事担当の方と話す機会が増えてきました。宝飾業界で僕も気が付いたら随分長い時間を過ごしてきました。

当然ですが、全ての業界の全ての企業は人が集まって出来ています。

 

僕も会社の経営者でもあるので、つくづく社員あっての会社だと感じています。しかしながら、その社員で苦労している企業が増えてきているのです。特にファッション業界はどこもです。というか内需を軸に動いている業界と言っても良いかもしれません。

 

内需とは日本国内のマーケットで頑張っている企業。外需とは日本以外の外国で売り上げを立てていこうとしている企業です。

 

下請けだけの企業も社員募集では苦労しています。価格を自分で決められないからです。

 

ちょっと別の話になってしまいましたが。もとに戻ります。

 

僕の会社は採用であまり苦労した事はありません。今は15名のスタッフが働いてくれています。まだまだ零細企業ですが。この15名のスタッフはみんな優秀です。

 

なぜ、優秀なスタッフを集める事ができたのか。というと今日の表題にも書いてある理由です。学校経営をしているからです。

 

小さくても学校経営を勧める理由は採用で苦労をしなくなるからです。

 

ラヴァーグという学校は僕達が色々な職人やデザイナー。企業やコンサルタントから教えてもらった知識を学校のカリキュラムに変換して教えています。

 

しかし、学校のカリキュラムを作る為に、人や企業にアドバイスをもらいに行った事はほとんどありません。

 

僕達が本気で取り組んできた、自分達のブランドを成功させる為にアドバイスをもらいにいったり、お金を払って教えてもらって来ました。

 

僕達の常に念頭にある目標は自分達のブランドを、自分達が作ったジュエリーを、多くの人に選んでもらい、適正なお金を頂く事です。

 

その為に、今でも毎日努力を積み重ねています。そこが他の学校や教室と違うラヴァーグの特徴です。そこを理解してもらっているので、多くの人に選んでもらっていると思っています。

 

でも、冷静に考えてみると小さい所から大きい所まで学校の数と小さい所から大きい所までのブランドの数を比べてみるとブランドの数の方が圧倒的に多いです。

 

まぁでも学校には生徒がいっぱい集まっているので、10教室あれば生徒は2000名ぐらいはいるかもしれませんが、10ブランドではスタッフは100名ぐらいかもしれません・・・

 

僕はブランドの人達に自社でもっと学校経営をしてもらいたいと思っているのです。

 

自分で学校経営をしておいて言うのもなんですが・・・

 

カルティエがジュエリースクールを開講したら、僕だって通いたいです。

 

僕だってまだまだ学びたいです。

 

カルティエのジュエリー制作が学べるのなら入学してみたいです。

 

当然ですが、制作の作法を学ぶだけでは多くの生徒の目的は達成できません。

 

販売のノウハウ。管理のノウハウ。ブランディングマーケティングのノウハウ。BtoBのノウハウなど。は学校だけでは学べないはずです。実は優秀な人材は学校よりも現場に多いと僕は思っているからです。

 

多くの優秀な人材はカルティエで実際に働いて優秀な人から色々な事を学びたいと思っています。

 

僕も就職してみたいです。いっぱい学びたいからです。

 

人としての生き方や家族との距離感。友人や取引先との関係などなどです。

 

優秀な先輩や上司は現場に多いのです。

 

だから僕はラヴァーグのスタッフには常に現場にいる事を条件にしているのです。先生になるな。現場で活躍している人材であれ。という事です。

 

話はまた少しそれましたが・・・

 

多くの宝飾業界の企業は人材の採用に困っている所が増えている事を感じています。

 

しかし、簡単に優秀な人材は採用できないのです。

 

人は育つので、自社に優秀な人材を増やしたのであれば育てる事にもっと力を入れていくべきなのです。

 

僕達の会社が採用に困らないのは、生徒達から学費をいただき、技術や知識を教えているのですが、心の中では新入社員教育をしているつもりだったりするのです。

 

時間をかけて僕達のブランドの作法を教えています。(出し惜しみはしません)みんな即戦力になってもらえるようにです。だから色々な設備があるのです。レーザー溶接機やレーザーマーカー。CAD造型機も何台もあるのです。

 

多くの生徒の中から、僕達の会社とマッチングする人材に声をかけてきたのです。(もちろん、かけたくてもかけれない人もいるし、独立を目指している人には簡単には声をかけません)。

 

ただ、もう少しブランド経営の事を学びたい。とか、学校経営の事を学びたい。という思いがあるのであれば、一緒に働いてみると更なる発見は必ずあるはずです。

 

リクルートのケイコとマナブの担当者によく言われている事があります。ラヴァーグさんはいつも勢いがある。と・・・

 

他の学びの業界からもほんの少し参考になるような秘密があるそうです。聞きに来てくれた人には忙しくなければ教えていたくらいです。

 

人気の学校経営をしたい人は人気の学校に入学してみると発見があるはずです。先生の接客やWebサイトに書かれていない良い所。または悪い所。(悪い所は真似しないという事も勉強になるはずです)

 

そして、人気の学校を作り上げる事ができれば、将来にわたって、採用に困る事はなくなるはずです。

 

これからの時代。採用に困らないという事がどれだけ経営の負担がなくなるかは人事の担当の方であれば理解してもらえると思います。

 

僕は採用に困らない宝飾業界の企業がふえてもらいたいと思っています。

 

キラキラしている企業が増えて増えて、はじめてキラキラした宝飾業界になっているはずだからです。

 

その時の僕達の役割はどう変化しているかはわかりませんが、必ず何か楽しく変わっているはずです。

 

もう一度、繰り返しますが。

 

本気でビジネスを成功させたいなら。優秀な人材を集める事はとても大切です。

 

小さくも良いので彫金教室を始める事をみんなにすすめていきたいと思っています。

 

彫金教室経営を考えている人に小さなアドバイスです。

 

いろいろな学校を見に行ってみて下さい。

 

そしてできれば学校経営者と話を聞いてみて下さい。

 

簡単に良い彫金教室とずれた彫金教室は見分けられるはずです。

 

良い彫金教室が見つかったら、短期間でも良いので入学してみて下さい。

 

良い彫金教室の作り方の参考になるからです。

 

強い会社を作る為の学校経営をはじめてみて下さい。陰ながら応援えしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

売り込むと売れなくなる仕組み。

Pocket

さて、今日はラヴァーグのアントレコースでのよくある話をするよ。

 

ラヴァーグのアントレコースの事はここに詳しく書いてあるから興味がある人は見てね。

 

興味がある人は、ここをクリック。

 

よくある話とは・・・

 

営業力についてだよ。

 

ラヴァーグのアントレコースには色々な学校でジュエリーを勉強してきた人や、これからジュエリービジネスを始めたいという人。

 

または、もう既に始めているけど、思ったような売り上げが立っていない。という人が来てくれているよ。

 

このコースは普通の授業と違って、人それぞれ歩いてきた道が違うから、マンツーマンで授業を進めていく形式になっているんだよ。

 

ゴールのレベルも違うしね。

 

僕はいつも最初に何でこのコースの受講を決断したのかを聞いているよ。

 

その質問の中で多いのが、ジュエリーを作れるようになっても売れるようになるとは思わない。と思っていて、営業や販売を学ばないといけないと思ったから。

 

だからアントレを受講しようと思った。という人がいるんだ。

 

でもね、すかさずこう言うよ。このコースでは営業力を身に付けろ!という話はしない。という事を。

 

営業すると売れなくな理由があるという話を。

 

営業力をつけたい。という気持ちはわかるよ。

 

でもね、営業力がない。という人に営業は好きですか?と聞くと。ほとんどの人が嫌い。と答える。

 

そして、そう答える人は営業をやった事が無い人がいう事が多い。

 

なんとなく、営業はやだ。と思っている。

 

営業が嫌と思っている人は、営業されるのが嫌という人がほとんど。

 

みんな営業されたくない。

 

自分がされたくないから、他の人もされたくないと思っていて、人が嫌がる事はやりたくない。だから営業はしたくない。という答えになる。

 

でもね。

 

よく趣味は何ですか?という質問に “ショッピング” って答える人が多い事を知っていますか。

 

みんな買う事は大好き。買い物は好きという人は実はとっても多い。

 

だけど、買わされる事は嫌い、売り込まれる事も嫌いなんだよ。

 

買わせようとする営業や、一生懸命売り込む事を頑張っている営業方法は嫌われちゃうんだよ。

 

売り込むと売れなくなる・・・。という事なんだ。

 

営業すると売れなくなる。という事。

 

営業を我慢すると売り上げがあがっていく。(本当だよ)

 

これは、本当に僕達が実践して分かった事。

 

売らないと売れる。という方法がある。

 

こんな事を書いている僕も、一生懸命売り込んでいた時期があるよ。

 

全然売れなかったけどね。

 

営業の本もいっぱい読んだよ。

 

でも全然売れなかった。

 

だから、売らない営業。営業しない営業についてスタッフとよく話をしたんだよ。

 

僕はみんなによく言うよ。営業力なんていらない。ってね。

 

営業を学べば学ぶほど売れなくなっていく人がいるって事だけは覚えておいてね。

 

人は売り込まれるのが嫌いだからね。

 

僕には今年で小学5年生になったチビがいる。

 

もうチビじゃなくなってきたけど・・・

 

チビに、勉強しろって言ってもやらないよ。

 

勉強しろって言えば言うほどやらなくなるよ。

 

子供は正直だからね。

 

子供に勉強させたいなら、勉強しなさい。って言わない方がやるのと、一緒なんだよ。

 

 

 

Pocket

本当の事を書くと怒られるけど・・・書くよ!

Pocket

実はここ最近、いろいろなジュエリーメーカーの人事担当者と各企業が求める人材について、色々な話を聞かせてもらっているよ。

 

今月もまだまだ、歩いていくよ。

 

ラヴァーグにもよくジュエリーCADが出来る人を採用したい。

 

ジュエリーが大好きな人を採用したい。

 

と求人依頼があり、求人票を張り出しているよ。

 

でも、本当の事を言うと・・・

 

今までは、その求人依頼があった会社の事を詳しく知らなくても、張り出していたんだよ。

 

おかしな話だよね・・・

 

企業で働く。就職する。

 

人生の中でも重大な事だよね。

 

生徒達は、学校を信じて求人票を見て、面接に行く。

 

だって、学校がお勧めしているのと同じことだからね。

 

よく分かんない企業を紹介しちゃいけないよね。学校は。

 

生徒にとっては、とっても重要な事でもあるからね。

 

もちろん、採用される人もいれば、断られる人もいるよ。

 

断られた場合はちょっとおいておいて・・・

 

採用された場合に問題が起きる事がある。

 

採用され、希望に満ちて初出社する。

 

最初は、いろいろな事が新鮮であったり、環境に慣れようと努力をする。

 

でも、なんだか面接で感じた事となんか違う・・・

 

ギャップがある。

 

最初は我慢。

 

でも、やっぱり、なんだかおかしい・・・

 

色々と考えた結果。退社する。

 

よくある話だよね。

 

本当に・・・

 

でも、それは紹介した学校にも少しは責任があるかもしれない。

 

決めたのは自分だから、学校には責任がないかもしれない。

 

会社の面接官が、会社のメリットばかりを言ってしまい、デメリットを伝えていなかったのかもしれない・・・

 

原因はいろいろあるとも思う。

 

学校は関係ないかもしれない。

 

だけど、いろいろな企業を回ってみると。

 

学生の採用を昔はしていたけれど、今はあまりしていない。という会社が意外と多い。

 

その理由は、企業側からも学生の面接の時とのギャップに悩んでいる。

 

やっぱり、ギャップを埋める事ができていないのに、よく分からないのに紹介してしまっていた学校の責任はあるような気がする。

 

仕事って楽しい方がいいよね。

 

でも、自分が楽しいのは大切なのかもしれないけど。

 

自分が楽しむ為だけにやっている事は趣味だと思う。

 

相手を楽しませたり、喜ばせたりするのが仕事なんだという話を生徒達にもよくしている。

 

繰り返すけど。

 

自分を楽しませたいのは趣味。

 

相手を楽しませるのが、仕事。

 

この違いがわかっていないと・・・

 

好きを仕事に!

 

趣味を仕事に!

 

というよくあるキャッチフレーズに乗ってしまう。

 

あくまでも、相手が喜んでくれる事が前提に、努力をして、出来ない事が出来るようになる事が、自分自身の成長などを通じて後から楽しい仕事だった。成長できた仕事だった。という事になると僕は思っている。

 

それは、後から楽しかったという話。

 

話が横にそれてしまったけれども。

 

モノ作りが大好きな学生を採用して、失敗したと思った時の話を何社かの人事の人が似たような事を言っているんだよ。

 

作っているものが、つまらない・・・と。

 

売っているものが、つまらない・・・と。

 

もっと、もっと、独創的でクリエイティビティの高い仕事をしたい。と。

 

大きな企業ほど、「つまらない」と言われ、モノ作りが好きな学生を採用して、何か月も社員研修をして、お給料を払っても辞めていってしまう。

 

という事に悩んでいるという。

 

何が問題なのかは、実は僕はよく分かっている。

 

うちの会社は、学校でもあり、メーカーでもあるからだ。

 

簡単に言うと、作っていて楽しいものと、売れていくものには必ずギャップができるという事。を分かってほしいんだよ。

 

人は、同じものを作り続けていると必ずあきちゃうよね・・・

 

でも、ヒットしてしまうとたくさん作らないといけないでしょ・・・

 

同じものを、今日も、明日も、明後日も。

 

単調に、繰り返して、繰り返して、同じものを作り続ける。

 

繰り返さないといけないんだよ。

 

だって、クオリティーがばらばらだったら、買った人が怒っちゃうでしょ。

 

売れれば売れるほど、同じ作業の量が増えていくんだよ。

 

売れた方がいいのに・・・

 

モノ作りがつまらなくなっちゃう・・・

 

この気持ちを防ぐのには、モノ作りだけを見ていてはダメなんだよ。

 

もっと会社全体を見る必要があるんだよ。

 

本当の事を言うよ。

 

モノ作りだけしか見ていない人は、採用したくない。

 

と思っている会社がいっぱいあるんだよ。

 

紹介する生徒によく分からない会社を紹介したくないから、いろいろなギャップを埋める為に、聞いて歩いて分かった事だよ。

 

僕も、少し驚いたよ・・・

 

学校が変わんないといけないよね。

 

学校からは採用したくないと言われないように。

 

モノ作りの学校からは採用したくない。

 

社会経験がある人を採用したい。

 

と言われなようにね。

 

 

Pocket

ジュエリートレンドセミナーの先生に生徒達が褒められたyo。

Pocket

先日、ラヴァーグではジュエリーのトレンドをつかむ事を目的としたセミナーを開催しました。

 

トレンドセミナーの事前の内容はここをクリック。

 

パリコレやニューヨークのファッションウィークなどに40年以上通い続けているファッションコーディネイターの西山先生を招いてのセミナーでした。

 

セミナーの内容と様子はここをクリック。

 

ラヴァーグではモノ作りの技法だけでなく、“売れる”という事を視野に入れたモノ作りを生徒達に伝えたいと思っているので、このようなセミナーを開催しました。

 

セミナー終了後にみんなからアンケートを書いてもらっているので、その感想は後日オフィシャルサイトでみんなに見てもらいたいと思っています。(とてもいいセミナーだったと言ってもらえています。)

 

僕は、他の仕事があったので直接セミナーを聞く事は出来なかったのですが、セミナー終了後に講師の西山先生と少しお話をする時間があったので、その時の事を少し書きます。

 

今回のセミナーの内容はうちのスタッフが既に他の場所で受講した内容がとても良かったので、直接ラヴァーグの生徒達にも開催してもらいたい。と交渉して開催されたものです。

 

西山先生は、いろいろな所でセミナーを行っているそうです。

 

その西山先生から最初に言われた一言は・・・

 

「生徒のレベルが高いです!!」

 

「質問のレベルが高いです!!」

 

と言われました。

 

僕は、内心「にやり」としました。

 

なぜなら、このセミナーに参加している生徒達は、100%ラヴァーグのアントレプレナーコースの生徒だったからです。(あっという間に定員になってしまい、参加できなかったみなさんはすみませんでした・・・)

 

このコースの生徒達はそもそも社会やビジネスに敏感な人達です。

 

たくさんジュエリーを学べる教室や学校があるのに、ラヴァーグを選んでくれた人達です。

 

簡単に言うと、モノ作りのスキルと同時に販売して行く為のスキルがないといけない。と感じている人達です。

 

ジュエリーを売る。というのは一筋縄ではいきません。

 

いろいろな積み重ねの結果、選ばれるのです。

 

アントレプレナーコースの人達には最初の授業で伝えている事ですが。

 

なんとなく書いているペンにも気を使わなくてはいけない理論を話します。

 

どのような気配りが必要なのかは、また別の機会に書いてみようと思います。

 

みんなビシッとしていたみたいです。

 

そこに気が付いてくれたので、僕は少し嬉しかったのです。

 

みんな、清潔感もあったのでしょう。

 

いろいろなファッションを見てきている先生に生徒達が褒められた事は、僕自身とても鼻が高くなりました。(こっそりとね・・・)

 

同時に僕もお酒ばっかり飲んでいないで、ちょっとシュッとしないと・・・

 

と覚悟を少し決めました。

 

みんな頑張っているので、僕もシュッとしたいと思います。

 

 

追伸

 

今度の日曜日はラヴァーグはお休みです。

日曜日にお休みするって珍しいでしょ!

 

なんでお休みをするかというと、生徒やスタッフからも信頼が厚い “あきちゃん” (プアアリの店長) が結婚式を挙げるからだよ!

 

たぶん、とても素敵な結婚式になるはず。

僕も僭越ながら、挨拶をする事になっているよ。

今から、どんな話をしようか考えているよ。

まずは3つの袋の話をしようかな・・・

みんなで派手にお祝いをしてきます。

だから、3月6日はお休みをもらいます!

 

Pocket

間違いのないジュエリーCADソフトの買い方。エヴァンスバージョン編

Pocket

寒い・・・

今日はとっても風が冷たい・・・

 

でもちょっとあったかい話。

 

本日から、ラヴァーグで公式に採用されているジュエリーCADソフトでもあるライノセラスのジュエリー専用プラグインソフトでもある、“エヴァンスUitima”がフルバージョンアップした事をきっかけに、ソフトの金額が変更になりました。

 

新しいソフトの名称は “ EVANCE ULTIMA DECADE ” というバージョンに変わり、金額も¥150,000(税別)に変更になりました。

ラヴァーグでも10年前から正式採用されているプラグインソフトなので、最も現場で活用されている可能性があるプラグインソフトなのかもしれません。

 

もともと、このプログラムはジュエリー職人として制作をしていた甲府の成島さんが、ジュエリーCADでクライアントから依頼された原型を作る中で、今まで求められていた手作りのノウハウをコンピューターの中で速く、正確に作り上げる為には・・・。と考える中で生み出された、自分の仕事を便利にする為だけに生み出されたプログラムでもありました。

 

宝飾の職人からプログラマーになる。という最早後にも先にも出てこないであろうという才能をもった天才なのかもしれません。

 

そのプログラムはとても便利で、現場のジュエリーCADのオペレーターの人達が当時使っていたソフトウェアと比べると、かなりの作業の短縮とクライアントの要望を正確に実現する事ができる。と支持をうけ、エヴァンスバージョンとして市販された経緯があるソフトでもあります。

 

ラヴァーグも付き合い始めて10年以上経ちます。

 

その間、いろいろな方向にアンテナを伸ばしながら成長を続けているソフトが実はこのたび、アカデミック価格でラヴァーグの生徒達には販売をする事ができるようになりました。

 

その金額はなんと20%OFF!!

 

ではなく、半額の50%OFF!という値段を出してもらえる事に決定しました。

 

アカデミック価格というのは、いろいろなソフトウェアメーカーが実は設定しているのですが、一般的には小学校や中学・高校・大学、または学校法人を取得している各種専門学校じゃないと提示してもらえる事はありません。みんな厳しい規律をもって取り組んでいます。

 

そんな中、ラヴァーグは普通の民間企業でもあり、学校法人の取得はしていないのですが、ジュエリーCADを日本に広める事を目的として立ち上がったラヴァーグジュエリースクールの実績が評価され、今ではライノセラスの総販売代理店のアプリクラフト社からもラヴァーグのライノセラスはエデュケーション版を使用する事を許可されている学校となっています。

 

そんな中、エヴァンスバージョンもとうとうアカデミック価格を設定してもらえる事になったのです。

 

通常価格150000(税別)が、アカデミック価格¥75000(税別)。

 

¥75000もお得です。

 

という事は・・・

 

ラヴァーグのジュエリーCADコースは通常価格が2つあるのですが、(詳しくはここをクリック)普通にエヴァンスを買うと15万円かかってしまうところ、ラヴァーグの生徒になってから買う方が75000円安く買えるので、その分学費に回す事ができるのです。

 

これからエヴァンスの購入を考えている方は、本気で使いこなしたいなら、ぜひラヴァーグに足を運んでみてください。

 

ソフトはなかなか独学で学ぶ事は難しいです。良い仲間たちに囲まれてたくさんのモノ作りに囲まれていないと本当の意味でのスキルは身に付きません。

 

また、少しジュエリーCADのハードルが低くなってくれました。

 

今は、エヴァンスバージョンが新しくなったので、先生達は新しいコマンドの解説書や動画を作り始めています。

 

ソフトを購入される方を含め、少しずつリリースをしていく予定です。

 

多くの人に知ってもらいたいので、ジュエリーCADの総合情報サイトに動画は無料でリリースしていく予定です。楽しみしていて下さいね!!

 

実は、もう1ついい話もいただいているのですが、それは次回に紹介させてもらいますね。

 

 

Pocket