役立つ知識

Pocket

Pocket

国際宝飾展のセミナーに来てはいけない。

Pocket

松尾です。

 

神戸国際宝飾展のページにセミナー情報が掲載されています。
http://www.ijk-fair.jp/To-Visit/seminar/

 

でも、このセミナー来ないでほしいんです。

 

なぜなら、苦痛をともなうからです。
人は自分が信じてきた事を変える事がなかなかできません。

 

過去の成功。
尊敬している人のアドバイス。
これを信じたいんです。

 

業界の人には気が付いて欲しくないんです。
このままでは行き止まりになるかもしれない事を。

 

気が付いてしまうと苦しいんです。
気が付いてしまうと2つの道を選ばないといけないです。

 

①気が付かないふりをする。
②変化に対応する。

 

①は楽です。でも②は大変なんです。

 

もしかしたら、今まで信じていたものを否定する事になってしまうからです。

 

視点を変えてみよう!
新しい事にチャレンジしていこう!

 

簡単に言えるんですが、実はこのスローガン苦しいです。
今を疑う事をしなくてはいけないから。

 

できれば、気がつかずに穏やかに生きていってほしいです。その方が楽なんです。

 

試しに今回のセミナーの内容を何人かの業界の経営者に練習を兼ねて伝えてみました。

 

みんな苦しみはじめてしまいました・・・
気の毒です・・・
顔面蒼白です。
もしかしたら、うんこをもらしてしまったかもしれません。

 

知らないでいれば、こんなにあせらなかったのに・・・
知らないでいれば、努力を始めなくても良かったのに・・・

 

でも、僕は信じています。生みの苦しみを味わった人だけが、未来の成長をつかめる事を。

 

全国の小売店の経営者の人達は来ない方がいいですからね。
デザイナーやクリエイターの人も来ない方がいいですよ。

http://www.ijk-fair.jp/To-Visit/seminar/

Pocket

1円も損したくないそうです。

Pocket

校長です。


僕はジュエリースクール経営をしているのですが、最近入学しに来る人はミンネやクリーマなどのハンドメイドマーケットで既に販売を始めている人が増えています。

 

もうブランドを立ち上げて売り上げを立てている人の悩みはほとんど同じです。

 

【売上を伸ばしていくには単価を上げていきたい。】です。

 

そもそも、なんでハンドメイドマーケットにチャレンジをしたのかというと、売上をたててお金をもらい、そのお金を使って幸せな生活をする為です。幸せになるはずのチャレンジだったのに売れ始めると不幸になる人がいるんです。

 

売れれば売れる程不幸になるんです。

 

なんで?

 

と思う人もいると思いますが、ハンドメイドマーケットの客単価は実は低価格です。

 

最初はいいんです。

 

自分が作ったものにお金を払ってくれる人がいてくれるだけで。
すごく嬉しいんです。

 

でも、10万、20万と売り上げが伸びてくると、少しずつ苦しくなってくるんです。

 

お客様へのメール対応。
配送業者への対応。
商品制作。
材料仕入れ。
顧客管理。

 

どんどん自分の時間が失われていきます。
どんどん忙しくなるんです。

 

嬉しいのに・・・
苦しい・・・

 

悩み始めるんです。
売上をのばしていくのは楽しい。

 

でも

 

このまま注文が2倍になったら、彼との時間が無くなる。家族との時間がなくなる。

 

すると、子供もほったらかし。
旦那もほったらかし。
彼氏や彼女もほったらかし。
友達とも遊べなくなります。

 

みんなの為に売り上げをたてているのに、がんばっているのに、みんなの笑顔が減っていく。

 

この問題を抱えている人が増えているんです。
でもね、この問題。解決できるんです。

 

僕は解決方法を教えています。
でも、いまどき解決できる。という話。

 

本当かよ!!
解決できなかったらどうしてくれるの!!

 

という人も多いです。

 

分かります。
僕はスーパー疑り深いからです。
僕だったらそう言います。

 

お金だけ取られて問題が解決できない事も実際に僕も今まで多かったです。

 

ほとんどそうなんじゃないか。と思っているぐらいです。

 

だから先にお金をもらう事をやめたんです。
解決方法を聞いて納得してからお金を払ってもらう事に。
みんな1円も損したくないと言うからです。

 

すると・・・

 

来てくれる人が増えました。
かなり疑り深い人も来てくれます。

 

でもちょっと問題がおきました。
今度は僕の時間が無くなり始めました。

 

だから、こっそりはじめた事なんですが・・・
うちのスタッフからの提案もあり。

 

ほんの少し値段を変える事になりました・・・
すみません。

 

僕も、家族の時間や友達との時間を楽しくする為に仕事を頑張っているからです。

効率よく対応できる方法を考えますが、見つかるまで値段を変えさせてください。

 

こっそり告知です。

価格が3月から変わってしまう問題解決する為のコースが気になる人は、下のURLをクリックしてみて下さい。

http://www.lavaguejewelry.com/course/consulting_service.html

Pocket

【なぜ、若い顧客を集めないとお店がつぶれてしまうのか?】

Pocket

校長です。

 

ジュエリーを販売しているお店の悩みです。
今の若い子はお金を持っていないそうです。
持っていても、ジュエリーを買わないそうです。

 

買ってくれるお客は年齢が高い人達です。

 

企業は、高額商品を販売した方が利益率が高いです。
低価格商品は、売っても売ってもなかなか利益があがりません。

 

たくさんの販路を持っている。
たくさんの顧客がいる。

 

この2つがあれば、低価格商品の大量販売ができるのですが、

 

ほとんどのお店は地域密着型で、地域の人限定でこれまでやってきた。というお店が多いです。

 

昔は、メーカー。問屋。小売店。この仕組みがしっかりとあったんです。でも、いまはメーカーも小売りをはじめる時代です。問屋さんや地方の小さな小売店はなかなか未来を見いだせないで苦しんでいます。

 

数年前メーカーズという書籍が話題にあがりました。誰でもメーカーになれる。そんな時代がやってきた。だからみんなメーカーになろう!こんな感じです。この本を持ち上げている人もたくさんいましたよね。

 

おおくのプライベートブランドが生まれました。みんな今でも戦っています。この話はまた別の日に置いておきますが。

 

しかし、未来へのチャレンジは必要。と分かっているのですが、目先の売上はもっと大事。だから、どうしてもお金を持っている人をターゲットに経営者は動いていきます。

 

ずばり、高齢者が喜んでくれるお店作り。商品ラインナップ。

 

社内にいる営業マンで数字を持っている人達は常に年齢が高い顧客のフォローに力を入れています。

 

だって、売上がとれるから。

 

お金のない若いお客人達に時間を割くのであれば、お金を持っている年齢が高い人に時間と労力を割く。当然です。

 

すると、顧客を持っている営業マンが評価されます。数字をもっているからです。

 

でも、かけだしの新入社員はどうやって、高年齢の人達のパイプをつくればいいのでしょうか?

 

気合いと根性?

 

若い子には苦しい業界になってしまったのかもしれません。だから、若い子が入ってきては辞めてしまう。それを繰り返してしまっているお店が多いんです。

 

お客を若返らせないと、社員が若返らないんです。

 

若いお客を集めて、顧客にして、末永い付き合いをするお店じゃないと生き残れない時代になってきたんです。

この問題を解決する方法を真剣に取り組むお店の応援をしていきたいと考えている今日この頃です。

 

いいアイデアが浮かびました。
こっそり準備をしています。

 

 

Pocket

【助けて下さい!すぐに騙されてしまうんです!】

Pocket

松尾です。
みんなは、ネットサーフィンしますか?ぼくはします。

 

というか、よくします。

 

僕の中の情報は99%ネットサーフィンで仕入れています。

今日も女優の江角マキコの引退をネットサーフィンで仕入れて驚きました。

 

うちのチビが逆上がりが出来ないので、どうやったら逆上がりができるようになるのかもネットサーフィンで調べました。

 

最近の好きな酒の肴は。 ずばり、【なんでもアヒージョ】です。

なんでもアヒージョとは、なんでもアヒージョにしてしまう料理です。なんでも、オリーブオイルとニンニクと鷹の爪と塩で似てしまうと、なんでもアヒージョの完成です。

 

最初はアヒージョの素を買っていました。でも、それを使って妹家族にアヒージョを出したところ。「こんなの使わなくても出来るよ」と言われ、ネットサーフィンして調べました。

 

素を買わなくても出来るんです。アヒージョ。
しかも美味しい!インターネットは便利です。
今度みんなに屋上バーベキューで振舞おうと思います。

 

でも、注意してほしい事もあるんです。ネットサーフィン。
ネットには嘘や見栄もいっぱいあるからです。

 

僕はすぐ信じやすいので、ほとんどを信じてしまいます。
だから、すぐ騙されます。

 

とにかく騙されてしまうので、うちのスタッフの宮島先生が、僕の決定をことごとくチェックしてくれます。

 

ありがたいです。たまに宮島チェックをすーーーとくぐり抜けると、嬉しくなり、見つからないように、ガッツポーズをします。

 

そんな騙されやすい僕が、いま気を付けている事は、ネットサーフィンで仕入れた情報を確認する。という事です。

 

とくに、自分の仕事にかかわる事は、確認が必要です。
正確な情報か誤報かを見抜くためです。

 

どうやって確認するかというと、人に会う事です。

 

直接本人に確認できなくても、近い人に会って顔を見ながら、なにげなく聞いてみるだけで随分正確な情報になるんです。

 

また、みんなで多角的に分析をする。という事も情報の精度を上げてくれます。すると、みんなで正確な情報を共有できるんです。

 

いろいろな所から入ってくる情報を正確で高い精度の情報に精錬していく会を2年前から株式会社鈴峯の【鈴木専務】と大阪の宝飾工房【こだまさん】や、【堀越さん】【逢坂さん】【高橋さん】【橋本さん】さん達と作ってきたんです。

 

その会の名前は・・・
【ジュエリー若者交流会】です。
https://www.facebook.com/groups/1609345029280367/

 

ただ飲むだけの会です。
100名を超えていますが・・・

 

でも、この2年。出会った人達からたくさんのアドバイスをもらったおかげで、いろいろなアイデアが浮かんでいるんです。

 

みんなに助けてもらっています。
ありがたいです。

 

宝飾業界の正確な情報をつかみたい人はエントリーしてみて下さい。

 

宝飾業界。アクセサリー業界。ファッション業界にかかわる人達であれば、誰でもエントリーできます。

 

でも、ひとつだけ注意してください。
ある事をすると、破門になる破門制度があるので、正直で心が綺麗な人しか残れない会です。

 

https://www.facebook.com/groups/1609345029280367/

 

これからは、若者交流会の中でも

 

経営者の会
小売店オーナーの会
管理職の会
デザイナーの会
職人の会
男だけの会
女性だけの会

 

と分化していく予定です。

 

でも、ただ飲んでいるだけですからね・・・

 

https://www.facebook.com/groups/1609345029280367/

Pocket

【安倍総理は本気です!】

Pocket

松尾です。
安倍総理は本気です。女性活躍推進法という法律を調べて下さい。
今年の4月からスタートしています。
【女性活躍推進法について】
http://president.jp/articles/-/19486

 

とにかく女性が働きやすい環境を企業につくれという法律なのかもしれません。

 

なぜでしょう?

 

僕は疑り深いです。
先日発表されたプレミアムフライデーとかにも、何か裏があるはずだ。と思っているぐらいです。

 

なぜ、女性を活躍させたいのか。
なぜ、待機児童をなくす事を目指すのか。

 

この前、うちで開催した日本政策金融公庫のセミナーを聞いてすっきりしました。

厚生労働省が出している。人口動態統計というものを調べてみて下さい。

この統計を見ると。とてもよく分かります。

 

元気よく働く世代が減り、支えなくてはいけない世代がどんどん増えていきます。

このままいくと支えられないという事はみんなも知っての通りです。

 

日本という国はこれから世界と競い合って幸せな国にしていかなくてはいけないのですが、ピンチです。

 

戦える戦闘力の高い戦士が減っているんです。
【労働力人口】という統計を見れば分かります。

 

そこで、白羽の矢がたったのが【女性】です。

IMF(国際通貨基金)の専務理事のクリスティーヌ・ラガルドさんが言っていたそうです。

「日本の女性の半分は労働に参加していない」
「女性が働ける文化を作れば日本経済にプラス」
「女性の労働参加が日本経済再生の鍵」

 

なるほど・・・

 

働いていなかった女性にもっともっと働いてもらって、納税してもらう。いいアイデアなのかもしれません。

 

世界の女性はもっと働いているのかもしれません。

 

でも、僕らの親の世代は、女性は短大でいい。なるべく早く結婚して家庭を守る。そんな考え方の人も多かったので、そう育てられてしまっている人が多いのが、30代・40代の女性たちなのかもしれません。

 

でも、突然、言われるのです。男性と同じように働いてもらいたい。と。

 

男性と同じように納税してもらいたいと。
法律をつくって、環境を整えるから。大丈夫。

 

これからは女性の時代だから。
これからは女性が輝かなくてはいけない時代だから。

 

戦争の時代
男は訓練をして戦場に戦いにいきました。
家族を守る為です。

 

でもこれからは、女性も世界の中で日本という国の為に戦わなくてはいけない時代です。

 

戦う準備をしてもらいたいです。

 

準備をしなくてもいいんですが、たぶん戦場に駆り出されます。
【働く】【稼ぐ】という戦場です。家族を守る為なのかもしれません。

 

どうせ戦いにいくのなら、体を鍛えて、強い武器を持っていってほしいです。

これを今の時代に言い換えると。頭を鍛えて、ビジネススキルを持っていく。という事になるんだと思います。

 

ぼくは、知らない人の事まで面倒を見れないですが、僕の好きな人達はハッピーでいてもらいたいです。

 

これからは日本は世界と戦っていくと思います。

 

だから、安倍総理は本気なんです。
女性の戦闘員を増やしていく事に。

 

みんな生き残ってもらいたいんです。

 

【女性の戦闘力があがる学校】
http://www.lavaguejewelry.com/

【女性の戦闘力をあげるコース】
http://www.lavaguejewelry.com/course/entrepreneur/

【活躍している戦闘力の高い女性達】
http://www.lavaguejewelry.com/link.html

追伸

戦うといっても、兵器を使った戦争の話ではありませんので。

Pocket