【あなたのブランドを一瞬で奪い取る方法がある事を知っていますか?】

Pocket

 松尾です。
僕は、右のハイキックを側頭部に叩き込まれた事があります。
 
 
しかも西武線の所沢の駅で・・・
高校生の時です。
 
 
ちょうど僕の世代はみんなビーバップハイスクールだったので、みんな不良に憧れていました。
 
 
僕も当然一生懸命不良になろうと努力を積み重ねていたので、そのハイキック事件は起こったのです。
 
 
普段偉そうな事をいっていた僕は、毎日腕立て伏せをしていたので、ケンカが強い気になっていました。
 
 
しかも、格闘技を見るのも大好きでした。
 
 
ダイヤモンドグローブという当時はボクシングの試合をTVで放送していたので、かなりボクシング通になった気もしていました。
 
 
誰もいない所で、密かに口でシュッシュッとか言って、かっこつけていました。
 
 
映画も好きでベストキッドを何度も見て、空手もマスターした気分になっていたのです。 
 
 
しかし、所沢で事件が起きました。
さんざんシャドーボクシングをしたのに・・・
 
 
僕は右のハイキックを避ける事が出来ませんでした。
相手はイケメンの同い年ぐらいの高校生でした。
 
 
悔しかったです・・・
 
 
のちに知る事になるのですが・・・
格闘技経験者はディフェンスをしっかりと学ぶそうです。
 
 
守りが上手くない人は絶対と言っていいほど勝つことはできない。という事を聞きました。
 
 
僕は、パンチを出す事しか考えていなかったので、ハイキックを避ける事が出来なかったのです。
 
 
実は・・・
 
 
根本的には僕は攻める事が好きです。サッカーでもキーパーよりもフォワードの方がかっこいいと思っているぐらいです。
 
 
ビジネスの場でも同じです。
作る事。
新しい事。
 
 
攻める方が大好きだったので、生徒達にも攻め方を教えてきました。
 
 
でもね・・・
それだけじゃダメだって事件が起こったんです。
 
 
売上が増えれてくると起こる事なのかもしれません。
会社がなくなるかと思うぐらいの事件です。
 
 
ディフェンスって格闘技だけじゃなく、ビジネスの場でも重要なんです。
 
 
ブランドビジネスは特に重要です。
 
 
少しずつ、積み重ねてきたものが突然奪われる。
そんな漫画みたいな事件って起こるんです。
 
 
世の中、悪いやつもいます。
だから、知ってもらいたいんです。
 
 
みんなが積み上げてきたものを無くさない為に。
僕はディフェンスは苦手なので、最強のディフェンダーを連れてきました。
 
 
あなたの積み重ねてきたものが奪われたくない人は下のURLをクリックしてみて下さい。
 
 
最強の弁護士が教えてくれるジュエリーブランドの守り方。
 
Pocket

SNSでもご購読できます。