大きな声で言いたいよ!

Pocket

さて、今日はラヴァーグのコースがいっぱいある事について少し書くよ。

 

普通は彫金コースとかワックスコースとかだけなのに、なんでラヴァーグはいっぱいあるの?って聞かれたよ。

 

そうなんだよね・・・

 

彫金コース

CADコース

WAXコース

 

これぐらいにしたかったよ・・・

テキストも作らなくてもいいし・・

これぐらいざっくりしておけば、

たくさん通ってもらえるし・・・

 

でもね・・・

 

なんで細かくしたかというと、

一つはそれぞれをデザインや企画の段階からしっかり分ける必要性があったから。

 

そりゃそうだよね。

 

ごついシルバーアクセサリーをつくりたい!(クロムハーツみたいなやつ)という人と、

最近はやりのファッションジュエリー(NEW JEWELRYとかで活躍している人達みたいなやつ)を作りたい!

という好みが違う人がいたとするよね。

 

この全然違うニーズがある人を多くの彫金教室はどちらの人もうちの学校で学べますよ!と説明するはず。

他の学校から転校してくる人たちに聞いてもそう言っていたと聞いてる・・・

 

例えばコースは彫金とWAXコースしかないのにどちらもできるという学校はたぶん、

テキストがない学校か、本当に両方盛り込んでいるテキストがある学校かどっちかだ・・・

 

両方を網羅している充実しているテキストを見たことがないので、たぶんテキストがない学校か、

テキストはどちらも同じで自分で応用してくだいさいという感じだと思う。

 

テキストがなければ先生の技量でどちらも教える事は出来る。

でもね。

 

この先生の技量というのもあてにならない・・・

もう既に、僕も49才だよ・・・

 

実はうちのブランドのプアアリの新商品は毎月どんどん発表されている。

でも、実は数年前から僕は新作にかかわっていない。

企画は若手達にすべて権限委譲した。

 

僕は僕の事を常に疑っているからだ・・・

古くなっているはずだ・・・

ずれてきているはずだ・・・

と。

 

もちろん、制作の工程や効率化などはがんがん言うけど。

企画デザインはもう49才が先頭に立っててズレないわけがない。

 

時代は早い・・・

みんなの移り変わりも早い・・・

 

だから自分の技量で教えるのではなく、

その時代にあったニーズを研究してつくりあげるテキストが必要になる。

自分の技量ではなく、感度の良い人達が常に新しさを求めていく事が大切。

 

ここで、ひとつ伝えておきたいのは、テキストはあればいいというものでもない。

十何年か前に老舗の学校から内容証明がうちの届いたことがある。

内容はいいいけど、デザインが古い・・・。

とブログに書いたからだ。確か鳩のブローチがテキストに含まれていたからだ。

 

当時の僕は空気が読めていなかったし、

読もうとも思っていなかったから、本当に思っている事を書いた。

鳩のブローチを付けている人を見たことが無かったからだ。

 

だから、そう書いたら、それを消してください。と突然の内容証明だった。

電話してくれれば消したのに・・・

繰り返すけど、いつ作ったのか良く分からないテキストもやっぱり駄目だと思う。

 

学校の先生達の仕事は生徒に教えるという事はもちろんだけど、

テキストの研究開発もとても重要な仕事。

 

なんか話がそれてるようだけど、

まずはテキストが無い。という学校は凄く技術的な専門がある学校以外は危険。

と思ってもらっていいと思う。

 

ちなみにうちの先生の上の方の人でも、

今だに専門技術を学びに学校に通っているスタッフもいる。

そこは、技術はあるけどテキストはない。

テキストがない良い学校も確かに存在はしている。

 

思い込みで古くなっている事を新しいと思いこんで、まだ教えている学校もある。

だから、テキストがない学校を素人が判断するのは凄く難しい。

 

なるべくテキストがある学校を選ぶべきだ。

 

そして、そのテキストが古いのか新しいのかは中のデザインを見れば大体わかる。

今身に付けたくなるような、今お店で売ってそうなデザインが記載されているのであれば大丈夫だ。

 

さて、

コースが細分化されていない場合はどうなる?

 

二つのニーズを網羅したテキストだった場合。

自分の作りたいコンセプトには必要がない課題にも

取り組まなくてはいけないことになる・・・

 

うちの学校は、ビジネスをしたい!という人が多い。

いつか仕事になればいい・・・

なんて人よりも、

早く仕事にしたい!

という人の方が多い。

 

だから、

 

だから、細分化なんだよね。

細分化して専門的にする必要がある。

ビジネスを目指すのであれば。

 

そして、不必要な課題やテキストで大切な時間を消費してほしくないからだ。

 

そう。

 

大切な時間を無駄にしてほしくない。

 

だから、ざっくりと彫金コース。とかWAXコースでひとくくりにするのをやめたんだよね。

 

ただね。

 

ビジネスを全ての人が目指す必要はないよね。

 

知らないことが知れる喜び。

出来ないことが出来るようになる喜び。

 

そんな事を求めている人には、うちにはたくさんのコースが用意してあるし、

ざっくりとした分類でも、一つ一つは必ず新鮮さがあるからね。

 

ビジネス志向の人には細分化だと思ったからだよ!

 

Pocket

視線をそらしたくなります・・・

Pocket

今日はね、ふと思った事よ書くよ。

 

ビジネス用語っていうか、カタカナ英語っていうか、

IotとかCSとかペルソナとか・・・

 

そういうの・・・

 

こっちが良く分かってるって思ってんの~

 

たしかに普段は分かった顔して歩いているけど、そんなにカタカナ並べられると、

なんだか、目をそらしてしまいます・・・

 

こいつ、難しい言葉を使ってうさんくさい・・・

 

と警戒心が強くなります。

まぁ疑り深い性格なので、いつも警戒しているけど、

より一層です。

 

まぁね。わかんないわけでもないよ・・・

でもね、すごくわかっているわけでもないよ・・・

 

まぁわかってるよ。

わかっているけど・・・

 

唐突にそんな横文字ぶつけてくる人にお願いがあるよ。

まずは、その言葉を知っているかどうかを確認してもらいたいよ。

 

ペルソナって知っていますか?って。

別に確認しなくてもいいよ・・・

 

確認しないんだったら、ペルソナって言葉を突然ぶつけてくるんじゃなくて、

ターゲットをより深く設定していきましょう!っていえばいいんじゃないの?

 

相手が分かるように話してほしいよ・・・

なんだかかっこつけてんじゃないの~

 

 

思っちゃうよ。

 

さらに言うとね。

 

ターゲットをより深く設定していきましょう~

でも本当はだめだよね・・・

 

ペルソナ設定していきましょう。

 

とかいう人に言いたいよ。

 

ペルソナをどう設定するかをしっかり先に提案してほしいよ。

その理由や根拠と共に。

 

そこが言えないのに、ペルソナ設定が必要ですって言われても。

うす~いセールストークになっちゃうよね。

 

どんな人、どんな性格、どんなファッション。そういう細かい設定をすると何が起きるのかを教えて欲しいよ。

そしてそこに信頼と根拠があるのであれば一緒に動いていけるよね。

 

結果、ペルソナ設定をしていたんだ・・・

ぐらいの感じにしてあげてほしいよ。

 

なんだか最近コンサルタントみたいな立ち位置の人が増えているよ。

でもね、本当にみんなに気を付けてもらいたいよ。

 

コンサルタントには。

 

難しい言葉や過去の実績ばかり話をしてくる人には・・・

 

昔ミキモトで仕事をしていた・・・

昔お店を経営していた・・・

昔ブランドのお手伝いをしていた・・・

 

こんなこと言って近寄ってくる人には気を付けて欲しい・・・

 

いま、ミキモトから仕事をもらえていない人。

いま、お店を経営することができずつぶしてしまった人。

いま、芸能人や他のブランドから仕事がもらえなくなってしまった人。

 

ってね。

 

いまが本当に大事なんだよ。

 

石が飛んできそうだけど、本当に過去も大切だけど。いまのお話をしてほしいよ・・・

 

それとコンサル風の人には本当に気を付けて欲しい。

自社にコンサルするって言いながら、自社の強みやビジネスの源泉を掘り出し、

同業他社にさも自分のノウハウのように伝えちゃう人がいる。

 

まぁ、とにかく難しい事を簡単にやれるようにするのがビジネスの基本。

だから、難しい言葉で近寄ってくる人にはきをつけて~

Pocket

おいていかれない男たち。

Pocket

最近。学校の様子が少しだけ変わってきた。

男が増えている・・・

 

なんか、おしゃれ髭野郎がふえている・・・

 

もう20年以上教育ビジネスにかかわってきている中、

会社のお金を使わない、自己投資の主役は女性。

 

男は車と酒と仕事。

女性は美容と自己投資。

 

男はビジネスの中で体感して経験してビジネススキルを身に着ける。

女性はファッションやメイクにお金をかけ、ビジネスは現場というより、

社交の場や学びを通じて吸収していく。

そんな体感があった。

 

現にラヴァーグの生徒のほとんどが女性・・・

 

でも、このコロナ禍の中。

ひげ男子が増えてきている・・・

 

なんだか新鮮。

 

会社としてのうちも女性の方が多い会社なので、

なぜか男が増えてくると、少し嬉しい。

 

でも、なんで?

男が増えてるの?

そんな事を考えてみた。

 

少し最近入学した男たちの話を聞いて回った。

 

やっぱりコロナが関係している・・・

 

いままで、男性のほとんどがビジネススキルは自分の会社や仕事から得る。

お金を払って学ぶ。というものではなかった。

 

まぁ、起業や投資は好きな人はたくさん払っているかもしれないけれど・・・

 

それが少しかわってきている。

もう既に宝飾業界に就職している。

そんな生徒も最近の入学者にいる。

社内での評価を上げていく為に更にスキルを磨きたい!

そんなニーズの入学者。

 

また、起業や独立を視野に入れて本格的に準備をはじめた!

 

という男たち。というか最近の男性の入学者はこっちが多い。

 

男が変わってきている・・・

 

というか、社会が変わってきている。

 

もう自分を守るのは会社ではなく自分。

 

その中で、外で学ぶ力が付いていたのが、
今までは女性だった。

 

それが男性にも波及し始めている。

 

もう、YouTubeやネットサーフィンで情報を集めるのは普通・・・

 

ここからはやっぱり行動力と決断力。

 

はやくはやく体を動かしていける人が勝ち残っていくんだろうね。

 

こっちも負けないように成長していきたいと思う今日この頃です。

 

Pocket

2021年について少し考えてみる。

Pocket

2021年は何をしますか?

ちなみに、2020年はすごくいい一年とは言いづらい一年でした。

 

2019年にビルの改装を行っていなかったら・・・

どうなっちゃたんだろう・・・

 

と思うと、とてもラッキーな一年間だったと思う事にしようと思います・・・

 

そんな中いくつかの発見もありました。

 

昔は伊勢丹や高島屋に出店出来たら・・・

と思っていたこともありましたが、

今は、本当に出店していなくて良かった。

と思えています。

 

ブランドの集客を館(やかた)に頼っていたブランドは、

ことごとく苦労をしている。と聞いています。

 

自社でしっかりと集客の戦略を持っているところは、

大きなダメージを受けることなく前進している。とも聞いています。

 

もう本当にいろいろな事が変わってきたことを感じます。

ファストファッションの勝ち組と言われていたZARAですら、

1200店舗もの閉店を決断したそうです。

 

ぼくらを振り返ってみて、小資本のブランドの戦略は常にSEOというか、

googleとの闘いと言っても過言ではないかもしれません。

 

また、今年はSEOだけではなく、MEOという課題も出現し、

今は、MEOについての取り組みもこつこつと始めています。

 

また、12月4日のgoogleのアルゴリズムの変更にも、

今はふりまわされております・・・

本当にgoogleさんに優しくしてほしいです・・・

 

そして、すごく大切な事なのですが・・・

僕たちのブランドの月間リピート率。

という指標があるんですが・・・

 

やっと3割になったんです。

 

これは、400人のうち、120人がリピーターの人達だった。

という指標です。

 

この指標。すごく大切なんです。

僕的には、セールスチームをすごくほめてあげたいです。

本当にいい接客をしてくれている証拠だとおもっています。

お店やブランドをやっている人達に伝えたいです。

このリピート率の指標に取り組んでみて欲しいです。

 

この数字を気にしていない人は、どんなに宣伝やSEOなどをがんばっても苦労するからです。

 

そして、この数字は宣伝では上げる事が難しいです。

でも、すごく大切な指標なんです。

いま、オンワード樫山もたくさんのブランドラインを整理して、

人材も整理して、去年のネット販売の比率が13%ぐらいだったのを、

ネット販売の比率を売り上げの50%にする。という目標にしているそうです。

 

ZARAも1200店閉める理由は実店舗とネット販売の融合。との事。(本当かどうかはわかりません・・・)

そうなんです。非対面の中、ネット販売にいろいろな企業が沸き始めています。

 

アナログでなく、デジタルなのか・・・

と思ってしまう人も多いかもしれませんが、

実はそうならないと僕は思っています。

 

対面ではなく非対面なのか・・・

にもならないと思っています。

 

もはやここまで非対面の圧力が強くなってくると。

対面の強さをごりごり押していくチャンス!

とも思い始めているぐらいです。

 

そうなんです。

 

リピート率って商品力だけで3割にはぼくらのような小さなブランドはならないです。

対面かと思わせるような非対面の接客だったり、

笑顔が伝わるかのようなめーるだったり・・・

 

そして、最後はやっぱり対面でのつながり方だったり・・・

 

対面しても、スキルが求められます。

会って信頼される会い方。

会ってがっかりされる会い方。

 

そういう技術が実はとても大切なんです。

コロナ禍だからことさらに感じる一年間でもありました。

 

もう僕らがジュエリーを買ってもらう為に悩んでいる事って、

商品の力以外のところで悩んでいるし、努力をしているんです。

 

それをみんなに知ってもらいたいし、伝えたいです。

ラヴァーグはそんな学校でありたいと思っています。

 

2021年は今年貯めた力を2022年放出する時間にしたいと思っています。

 

日本全国から足を運んでもらっているラヴァーグです。

北は北海道。南は沖縄。

海外からもわざわざ入学しに来てくれる人もいました。

 

でも、ふ気がついたんです。

 

遠くから入学しに来てくれた人は、

数年職場から離れても復職する力を持っている人か、

お金持ちに見えるような人・・・

 

そうじゃない人もいる・・・

東京の恵比寿に来れないけど、ラヴァーグにチャレンジしたい人もいるはず・・・

 

じゃあ準備してみる?

支店だしちゃう?

 

台湾だったら行きます!!

家族ぐるみで地方に数年だったら!!

そんな声を上げてくれる人材も・・・

 

以外に人材にも恵まれてきているみたいです・・・

 

どこ?

どこにいく?

 

大阪?

博多?

札幌?

仙台?

横浜?

台湾?

香港?

 

いちばん、声が集まったところに行けたらと思います・・・

 

そんな事を考え始める2021年にしていきたいと思う2020年最終日のひと時でした。

みんなもうすこしコロナが続きますが、ちゃんと成長しているブランドもあるんです。

 

だから、僕たちもコロナをものともしないチームになりますので、

みんなも一緒にがんばって2022年を迎えられる2021年にしましょう!

 

Pocket

ジュエリースクール・彫金教室が増えている。減っている。

Pocket

さて、またまた久しぶりです。去年の夏に店舗の改装があり、

毎日、忙しくさせてもらっております。

改装をしたのは、販売の底上げを期待してのチャレンジでした。

 

でも、

 

予想以上にラヴァーグが成長しているんです。

その事について、少し僕なりの主観を書いてみようと思います。

 

まず1つめは単純に学校の見た目が良くなった事。

そういう事もあるのか!!!

という感じです。(びっくりしております)

 

そうとしか思えない・・・と最初は思ったんです。

確かに東京の恵比寿の駅近くでビル1棟といったら、

なかなか他の学校では真似をしにくいスケールになってきたのかもしれません。

 

でも、おおきいから生徒が増えているのか・・・

と考えると、ここ20年ぐらいを考えてみると、

大きい所がすたれていった20年だった。

と言っても良いぐらい、大きいと見えていた学校が

小さくなってしまっています。

 

その反面、小さいスケールの彫金教室が増えている。

という印象もあるんです。

 

10名前後のスケールのジュエリースクールは増えている。

と僕たちは感じています。

 

定期的にインターネットを検索してリサーチすると、

新しい学校がぽつぽつ増えてきているのも感じます。

 

ただ、なくなっているというか、規模が縮小してしまっている学校もぽつぽつでてきています。

 

なぜ増えて、なぜなくなるのか。

 

増える理由は、実はジュエリースクールや彫金教室は簡単につくれる。

というのが理由だと思います。

 

コロナ禍の中、宝飾業界の働き方も大きく変わり、

百貨店などでジュエリーの販売をしていた人達も、

工場で職人をしていた人達も、業績の低下に伴い

あふれてきてしまっています。

 

会社の縮小に伴い、いざ転職。という状況でもないので、

スクールで独立してみる。という人も増えているのかもしれません。

 

新しくできた学校の特徴はWebサイトのセンスがいいなと感じます。

古い学校はもう少し、ここに力を入れたほうがいいのに・・・

と思っています。

 

そして、感が良いジュエリースクールは、ジュエリーの作り方を教える。

というのだけでは、足りない。と感じている文言が増えてきている気がします。

 

制作だけでなく、ビジネスも。

という感じです。

 

そうなんです。

ビジネスとしてジュエリーに取り組みたい。

という人が増えてきているからです。

 

そこで、僕がここ最近ブログを書いていなかった言い訳を少し・・・

 

僕ももうそろそろ49歳です。

自分的にはもうずいぶんおじさん・・・

 

おじさんが、がたがた言って、若者のアイデアをいじる。

おじさんが、裁量をにぎる。

おじさんが・・・

 

それではいけない。と個人的には強く思っています。

そもそもラヴァーグって学校は、

 

僕が20代のころにおじさんたちがひしめく教育業界の中で、

おじさんたちの感性でなく、若者の感性こそが正しい。

というスタンスで作り上げてきた学校です。

 

自分たちが作り上げるジュエリーのお客様の世代はどんな世代?

一番のボリュームゾーンはどこ?

 

こう考えると、49歳のおじさんを狙っているビジネスではないんです。

だから・・・

 

権限移譲がすごく大事。

若手にバトンを渡し、

経験が必要なものだけ受け持つ。

 

これが、できてない学校は、

ビジネスと書いてあっても、

縮小してきている。

と僕は感じています。

 

だから、Webマーケティングという視点でも、

今のうちの若いスタッフを信じて任せているんです。

 

そう、2つ目の理由は新しいカリキュラムやコースがどんどん新設されている。

という事です。しかもそれは、新しい人材が生み出してくれているんです。

 

10年ぐらい前までは、松尾琢磨のラヴァーグジュエリースクールだったかもしれません。

でもね、今はいろいろな感性が更に若返っている。もう僕のラヴァーグではなく。

 

ラヴァーグのスタッフたちが常にバージョンをアップデートし続けてくれている。

ラヴァーグのラヴァーグジュエリースクールになっているんです。

 

だから、ラヴァーグは現場と教育がずれていかない・・・

 

まぁ、ぼくもね、そんなスタッフ達に用無し扱いされないように、

経営者視点でいろいろなアドバイスができるように必死です。

 

もういらない・・・

 

と言われたくないので、少しでも新しい事を取り入れて、

自分自身を今までとは違う視点でバージョンアップをしております。

 

今日はね、ひさしぶりだから

近況報告を兼ねて、結論です。

 

中身が変わらない学校は必ず縮小していきます。

変われる学校。変わる努力をしている学校が残る。

 

学校と共に人材が高齢化している。学校は厳しい。

 

若手が参入してくるシステムを作り上げているジュエリースクールが残っていく。

 

という事は、学校のWebサイトだけでなく。

そこで、講師をしている人達の歴史にも、

興味を持って、学校を選ぶのが必要になってくる。

 

と僕はいま考えています。

近々、うちももう少し詳しく、

うちのスタッフのキャリアを伝えていこうと思います。

 

残っていく学校になるために・・・

 

Pocket