日記

Pocket

Pocket

ジュエリー業界の闇?

Pocket

ずっといわなかったけど。

今日は言うことにする。

 

実はあるジュエリーブランドがなくなった。

 

僕が多くのことを参考にさせてもらったブランドでもある。

そのブランドがなくなる。

だから・・・

 

同じことを自分自身が繰り返さないためにも書いておこうと思う。

 

最近、尊敬している人から哲学をしっかり学べ!

と言われた。

 

哲学?

と思ったけれど、その人から簡単に哲学についての話を聞かせてもらった。

 

哲学の種類は500種類近くあるらしい・・・

その中からひとつとても良い哲学のジャンルを教えてもらった。

 

陽明学という哲学。

今は、その本を3冊いただいて少しずつ読んでいる。

 

陽明学がとにかく大切にしていることが2つある。

一つ目が 知行合一 という考え方。

もう一つが、到良知 という考え方。

 

今日は到良知(ちりょうち)についてのお話。

気になる人はぐぐってね。

 

到良知とは・・・誠を尽くして決して自分に嘘をつかない。言葉と行動は一体でなくては。

という事と教えてもらった。

 

自分に嘘をつかない。という事だけじゃなく、

経営者として、一緒に働いてくれている人たちにも嘘をつかせてはいけない。

 

そんなお話。

 

ジュエリメーカーとしてそして、ブランドオーナーとして。

今回ベンチマークにしていたブランドがなくなることについて考えてみた。

 

実は、去年の夏ごろからはそのブランドをチェックするのをやめていた。

それはそのブランドをやめた人から内情を聞いてしまったからだ。

 

目で見えていることと、中身はずいぶん違うと感じた。

だから、やっぱりネットサーフィンだけの知識じゃだめなんだよ。

 

そのブランドは去年の秋には新店を出店するなど勢いもあった。

今年も出店というか拡張予定の店舗もあった。

 

でも、おとといそブランドのトラブルが表にふきだした。

理由はいろいろとあると思う。

 

でも、いくつかの想像の中でいちばん頭に思い付いたのが。

ジュエリー業界の闇でもある。ある一つのことだ。

 

それは、産地の明記をジュエリーにはされない事。

 

ジュエリーに刻印される内容は、金属の種類。ブランドの刻印。宝石の重さぐらいだ。

なぜかこれだけワールドワイドになってきている事はみんな知っているのに・・・

 

どこで作られたのかを表記するルールがない。

 

ずいぶん昔に業界で話題にあがった本当に正確な真偽もわからない噂話がある。

でも、ずいぶん正確な話を聞いたことがある。

 

ティファニーが日本の山梨の甲府でつくられている。

ブルガリのゼロワンが中国の工場で作られている。

などなど

 

これは嘘でも闇でもない。

といえばその通りだ。

 

だって、どこにもどこで作られたと書いていないのだから。

 

イタリアで作っている。と表記して違う場所で作っていたら嘘だけど。

どこで作っている。という表記が宝飾業界にはない。

 

多くの違う業界では今どきずいぶん正確な産地表記が

義務付けられているのに、宝飾業界にはそのルールを作るべきだ!

という話はどこからも上がってこない。

 

業界の売り上げは縮小している。という話はいろんなところで聞く。

地金の買い取りビジネスのせいで、信用を失ったといっていた人もいる。

100万近くもしたジュエリーが、地金の買い取り業者にもっていったら2万といわれた・・・

なんて話をする人もいた。

 

いま、正確な情報を出すことから逃げていちゃダメだと思う。

 

産地偽造なんていろいろなところでニュースになった。

なぜ、そんなニュースが起こるのか。

 

それは、ユーザーがちゃんと産地に価値を感じているからだ。

そして、どこの誰がどんな思いで作ったのかまでを

表記している野菜を見かけている人も多いはずだ。

 

そして、作り手たちは表に出ることを望んでいる人がおおいはずだ。

 

スポットライトの場所を生産者に向けている事が

成功のきっかけになっている業界がふえてきているでしょ。

 

ジュエリーも自信をもって生産地を表記していくべきだと思う。

そして、どこのどんな人がどんな思いで作っているかを表に出すべきだと思う。

 

それが、出せないブランドや会社にはなにか理由があるんだろうけど。

出していってほしいと思う。それが一番簡単に信用を取り戻せる方法だと思う。

 

利益率。効率化。

 

経営者としては悩ましい問題だけどね。

 

実はビジネスにおいての嘘ってさ。

お客様にはあんまりばれない事が多いんだよ。

 

だって、ばれないように大人は考えるし工夫するから。

 

でもね、お客にはばれないけど。

絶対にばれる人がいるんだよ。

 

それは一緒に働いているスタッフたち。

社員たち。

 

お客にばれない事でも社員にはばれる。

産地の問題や細かいトラブルもそう。

 

人はね、嘘やごまかしをしながらなんて頑張れないよ。

社員が頑張れない状況を経営者は作っちゃだめだよね。

 

大切なことをごまかしながら、現場の人間に売り上げを上げろ!

なんていう経営者には、僕もならないようにきをつけていきたいと思う。

 

ジュエリー業界はもう少し産地に対する取り組みを始めるべきだと思うよ。

 

到良知・・・誠を尽くして自分に嘘をつかない。

 

そんな中だからこそ、人は自分の最大の能力を発揮できるんだよ。

僕が日本でハワイアンジュエリーを作る。と決めたのはちゃんと理由もある。

 

ハワイでつくってこそのハワイアンジュエリー。

ハワイの人がつくってこそのハワイアンジュエリー。

 

そんな事をたくさん言われてきたけど。

日本で日本の職人が作り上げていく。

と決めたのには理由があるし。

 

そのことをちゃんと伝えていっているおかげで、

いま、この13年間で最高の業績になっているよ。

 

だから、うちのチームの人はみんな明るくいれるんだよ。

ジュエリーは産地と生産者にこだわりをもちはじめてもいい時代になってきているよ。

 

まだまだこれからのデザイナーの人たちに言いたいよ!

今苦しんでいるのは、間違いなく大きいブランドだよ。

 

小さい正直なブランドはがんがん売り上げをのばしているよ。

大きいブランドがやっている事は研究する価値はあるけど。

 

真似しちゃうとあんまりうまくいかないよ。

 

小さいブランドは小さいブランドを参考に攻めていこうよ!!

 

 

Pocket

副業をはじめようと思った時に気を付けなくてはいけない3つの大切な事。

Pocket

とうとう経団連も重い腰をあげましたね。

詳細はこのニュースを読んでください。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6265185

 

いろいろな見方がありますが、

今日は気を付けて欲しい事を書いてみます。

まずは、なんで今頃副業をOKにするのかという事を考えてみると、

やっぱり、人手不足なのかもしれません。

 

優秀な人材を複数の会社で働いてもらう方が効率がいいのでは?というお話です。

それと、同時にこれからは会社が社員を守るだけではなく、自分自身でもしっかり守っていく。という時代ですよ。という事でもあると思います。

 

ひとつの会社に全てを捧げてしまって、もし何かあったら突然収入がゼロなんて事が無いように準備をしていかなくてはいけない時代です。

例えば、僕が社会に出た頃、銀行に就職できている人は完全に勝ち組でした。でも、今はリストラの先頭に立ってしまっている業界になってしまっています。

 

時代はどんどん変わっていくのです。

 

よく周りを見渡してみると、成功している会社というのは、ほとんどいくつかの関連事業をやっている事が多いです。運送業をやりながら、飲食業をやっていたり、不動産業をやりながら、健康食品を販売している。などなど。

 

会社は副業している所が多いです。

ちなみに、僕の場合はブランド事業と学校事業、下請けの事業やコンサルティング事業、マーケティング事業などいくつかの業態を持っています。

それは、リスクマネージメントでもありますし、興味がどんどん増えていった結果でもあるのかもしれません。

 

お店の売り上げが良くなかった頃は、下請けの仕事で支えていた時期もあったし、

スクールの売り上げが良くないときには、お店の売上に助けられていた時期もあります。

という事で、こらからは個人の人達も複数のキャッシュポイントをつくる時代になってきたという事なのですが・・・

いくつか気を付けて欲しい事があります。

 

まず、ひとつ目は簡単に始められるものは、簡単にまねができるし、ライバルが増える。という事です。

 

つい最近の例でいうと、ネイルサロンやマッサージ屋さんですかね。

1人でもできる、簡単に起業できる。という事で爆発的に流行りました。

 

でも、つい先日も学校の近くのネイルサロンがお店を閉じました。

また、よく目にするのがセミナー講師なんかも気を付けた方がいいです。

 

セミナー講師になる為に、セミナーをうけて稼がれてしまう人達が増えています。

 

やはり、努力して積み重ねた価値を持って起業や副業にチャレンジしてほしいです。

だから、早く起業や副業を開始するのではなく、

早く準備を始める。という事が大切な事なのだと思います。

 

ゆっくりゆっくりちゃんと準備をする。

時間をかける事が成功の秘訣です。

 

そして、次に大切な事はやっぱり最初は本業を大切にしながら、副業として育てる事。

じつは、本業に不満がある人より、本業を楽しめている人の方が、副業は上手くいきます。

 

自分でビジネスをはじめる。けっこう大変です。

そんなに簡単じゃないです。失敗している人もたくさんいます。

まぁだから、うちみたいな学校があるんですが・・・

 

小さなトラブルではありますが、起業や副業にはトラブルが発生します。

思い通りにならない事が発生しちゃうんです。

 

じつは、この思い通りにならない事の処理が大切ですよね。

嫌な事に立ち向かって改善していく思考が大切なんです。

 

改善するまでがんばる。そして改善できた時に自分の成長を感じる事ができるはずなんです。

こういう思考の人は、本業でも不満を成長につなげていきます。

成長できる場所には不満はあまりうまれません。

 

だから、ちょっとのトラブルは成長のチャンスだと思って、

楽しみに変えていけるんです。

 

本業に不満があって、逃げるように違う事をはじめても上手くいかない。

という事を忘れないで欲しいです。

だから、本業を大切にしてほしいんです。

 

楽しい!ってなっている人は、副業をはじめても成功するはずですし、

本業がハッピーな人がやっている副業は、

副業を本業にするタイミングかもしれません。

 

そして、今日は最後に僕がいる宝飾業界を例に大切な事を教えます。

低単価なサービスや商品は苦しくなる。という事です。

 

副業なので、だいたい小資本というか、少ないお金で始めますよね。

少ないお金、少ない投資ではじめると、

大体の人がサービスでも商品でも低価格商品からはじめてしまいます。

 

ここが最大の落とし穴です。

 

低価格商品は薄利ですよね。

薄利な商品に取り組んでいいいのは、多売が前提です。

薄利多売。

 

多売ができる。

大量仕入れができる。

大量在庫ができる。

 

これは、大企業の向けのビジネスモデルである。

という事なんです。

 

小資本の個人事業主が低価格商品を頑張っても、

大企業の低価格商品とぶつかっても絶対に勝ち目がないんです。

 

そこに気が付いてほしいです。

もちろん、気が付いている人もいますが・・・

僕達の業界ではまだまだ少ないです。

 

気が付いても、その問題をどうクリアすればいいのか、

少ないお金で、薄利多売のビジネスモデルの逆をする為にはどうすればいいのか。

 

在庫リスクが少ないのに、低価格な所から逃げる方法があるんです。

副業にチャレンジして、本業で積み上げた大切なお金を失わない方法です。

 

そして、本気で未来に向けて副業の準備をはじめたい人は、

本当に大切なもう一つの事を恵比寿に顔でも出しに来てくれれば無料で教えます。

 

気になる人は、足を運びに来てくださいね。

https://www.lavaguejewelry.com/

 

副業をはじめたい人へお勧めなコース

アントレプレナーコース

 

ちなみに、僕に話がある人は予約をいれてくれれれば、僕が対応できるはずです。

でも、年末なのでちょっと忙しいかも・・・

 

Pocket

本当に大切な事はCADが出来る事でも、Webサイトを立ち上げる事でもないという事実。

Pocket

さて、放置してしまいました。ブログ。

忙しかったという言い訳はやめますね・・・

 

言い訳じゃなくて報告しますね。

忙しかったんです。

 

それと、うちのチームのお仕事にも役割がそれぞれあるのですが・・・

いろいろな情報を分析し分かりやすく発信していく。

というお仕事の担当は僕が引き受けていたのですが・・・

 

なんと!

 

その仕事のバトンも他のスタッフに引き継ぐことができるぐらい、みんなが成長してくれているのです。

だから、私がでしゃばらず、仕事を任せたのだから、じーーーっと見ている。というのがここ最近のお仕事だったんです。

 

はい。

 

本当です。

 

言い訳じゃないんです・・・

 

ところで、最近のラヴァーグはというと、相変わらず多くの生徒が足を運んでくれています。

通ってくれている生徒にはパンパンの状態で作業をさせてしまっていて申し訳ない。と思っています。

 

そして、今日久しぶりにみんなに伝えたい事があったので書いておきます。

 

ここ最近僕の仕事はいろいろな人の相談にのる。という事が増えてきました。

それは、僕達のブランドでもあるハワイアンジュエリーブランド ”プアアリ” の成長が、

今年に入ってから凄く良いからだと思います。

 

昔の話ではなく、

人から聞いた話でもなく、

ネットサーフィンして仕入れた情報でもなく、

ビジネス書に書いてあるような話でもないお話。

 

自分自身が経験して得た、いい結果が僕の頭の中には入っています。

 

実はそれを色々な人にアドバイスをしているのですが・・・

相談しに来る人の悩みのポイントは似ている。

 

と言ってもいいのかもしれません。

 

もう既に、ジュエリーCADを含めた様々な技術がある。(もしくは社員として働いてもらっている)

もう既に、Webサイトは立ち上がっている(Web制作会社にたくさんのお金を払って、プロフェッショナルに作ってもらった)

 

という人が多いのです。

でもね。

 

思ったような結果が出ていない。

だから、恵比寿まで飛行機や新幹線に乗ってくる人もいるんです。

 

今からCADを勉強しようと思っている人や、

今からWebサイトを立ち上げようと思っている人にほんの少し考えてもらいたい事があるんです。

 

ジュエリーCADができて、Webサイトを立ち上げても上手くいっていない人がたくさんいる。

という事を。

 

あくまでも、その2つは便利な道具ぐらいで考えて欲しいです。

使い方をしっかりと学ばないといけないのです。

 

大切な事をいいます。

 

結局のところは、手作りでも、CADでも何を作れば良いのかが分かっていないといけない

作り方が分かっている人は沢山いるんです。

 

でも、何を作れば良いのかが分かっていない先生やコンサルタントが多いのです。

そして、何を作れば良いのかが分かっているという人もいるんですが、ほとんどが一般論です。

あそこのブランドのあのデザインが売れている。ぐらいの情報を知っているという人もいます。

 

でも、あなたが何を作れば良いのかにちゃんと向かい合ってくれる人を見つける。

ポイントは あ な た が です。

 

また、Web制作業者も同じです。綺麗なWebサイトは作れますが。

どんなWebサイトがそれぞれのジュエリーブランドに必要なのかを分かっていない。Webデザイナーが多いのです。

 

だから・・・

 

ただ単に真似をする。

という事が起こっているんです。

 

真似が悪いんじゃないんです。

真似をした方が良い所と、絶対にしてはいけない所があるのが分からず全部真似をしてしまったブランドサイトが多いんです。

 

だから、もう一度言います。

ジュエリーCADを学ぶ事はとても良い事だと自信を持って言えます。

 

でも、ジュエリーCADの技術だけを学んでも、

指輪をCADで上手に作れるようになっても、

苦労している人がいる。

 

という事を忘れないでくださいね。

Webサイトもただつくるだけではダメという事なんですよ。

 

長くなっちゃうので、もっと詳しく知りたい人は恵比寿まで足を運んでくれるのであれば、時間が許す限り、相談にのりますので、よかったら訪ねてみて下さい。

 

秘密だらけのラヴァーグジュエリースクールはここをクリック!

美人スタッフの多いハワイアンジュエリー “プアアリ”はここをクリック!

Pocket

【ラヴァーグで先生を続けられる人の条件】

Pocket

校長です。

 

先生ってたくさんいますよね。

僕も自分で書いているぐらいなので、校長!と呼ばれることが多いです。

 

僕が学校を経営すると決めた理由は

まずは、ビジネスとして勝てる。と考えた事は否定しません。

 

なぜ【勝てる】と思ったかというと。

 

学校で教えている事と

仕事の現場で必要な事とのギャップがあまりにも多かったからです。

 

以前にも書きましたが、僕がジュエリースクールを開校する前に入学した学校数は13校。

いったい、何をどんな風に教えてくれるのかを知りたかったらです。

 

2回ぐらいで行かなくなってしまった学校もあれば

最後まで習い続けてみた学校もあります。

 

教育ビジネスで勝てると感じる事ができたのは、やっぱりここが原点なのかもしれません。

 

仕事の現場で必要な事と教育の現場で教えている事がなぜ離れていってしまうのか。

その理由は簡単で、仕事をしていない先生が多いというのが一番の理由だと思ったからです。

 

もう仕事をしていない先生とは?

もちろんみんな仕事はしています。

ただその仕事の内容が違うんです。

 

以前はジュエリーの販売をしていた事がある。

以前は大手の仕事をしていた事がある。

以前はお店を経営していた事がある。

以前は部下がいた事がある。

こういう人達が多いです。

 

でも今はその仕事を続けることができていない人達。

人間力なのか

技術力なのか

営業力なのか

年齢なのか

続けることができなかった人達。

 

でも先生をしている人達。

教育ビジネスをしている人になった人達。

 

僕はここに仕事の現場と学校教育の現場のギャップがある。

と気が付いたんです。

 

去年通用していた事が、今年はもう通用しない時代。

現場で活躍している人達は、情報を敏感にキャッチして、

必死に取り入れている。

 

昔必死にやっていたでは足りないんです。

今、必死にやっている。

という人に僕は教えを乞いたいです。

 

だから、学ぶ事をやめてしまった先生。

仕事の内容を変えてしまった先生ではいけない。

と僕達は考えています。

 

大変だけど、お店も頑張る。

ネットショップも頑張る。

顧客対応もしっかりする。

新しい事もどんどん取り入れる。

 

大変だけど・・・

 

そして、それは僕だけが取り入れるでは駄目なんです。

うちで働く人達。

 

うちで働いている先生達は、僕が思い描く先生でなくてはいけないんです。

うちの先生達は大変です。

そして僕も大変なんです。

 

今日は朝から先生達の“技術共有会”でした。

 

古い頭の先生にならないように頑張ってほしいです。

現場とずれている先生にならないでもらいたいです。

そうじゃないとラヴァーグの先生は続けられないからです。

 

ジュエリーやアクセサリーを真剣に仕事にしていきたい。

そんな思いを持っている人に、応えたい。

そんな学校でありたいと思いっています。

 

そんな学校の先生達に興味がある人はここをクリック!
https://www.lavaguejewelry.com/tokuchou/staff/index.html

 

そんな先生達がいる学校に興味ある人はここをクリック!
https://www.lavaguejewelry.com/

 

 

 

 

 

Pocket

【お母さんを安心させる事ができていますか】

Pocket

校長です。

 

今日は有休までとってラヴァーグにきてくれた人のお話です。

 

「母親を安心させたい。」

という相談でした。

 

彼女は30才前後。

まだ結婚はしていません。

仕事は事務のお仕事ですが、

このまま続けていっていいのかが不安。

と言っていました。

 

母親はいつも彼女に幸せになってもらいたい。

と言ってくれるそうです。

母親は何歳になってもいろいろな事に心配をしてくれるのが、

嬉しくもあり、情けなくもあるそうです。

 

彼女は最近、母親が願っているような【幸せ】について考えてみたそうです。

本当に自分がやりたい事。

本当に自分がやりたい生き方。

 

僕もそういえば、そんな事をよく考えていた時期がありました。

 

このままいくと、だいたい未来は想像できる。

とも彼女は言っていました。

 

不幸ではない。

でも、幸せとは言えない・・・

そんな未来が想像できているそうです。

 

一度しかない。

一度しかない人生なのに・・・

 

僕に話すというより、

自分に言い聞かせているようでした。

 

僕は彼女に僕も同じような考えを持っていた時期があった事を伝えました。

それは、27才の時でした。

 

サラリーマンを辞める。

その決断をしたのが27才でした。

 

そこから、18年。

振り返って思う事があります。

CADもそうですし。

ハワイアンジュエリーのエングレーバーを始めた時もそうです。

 

ハワイアンを始めると決断した時。

僕はジュエリーCADのオペレーターと学校の先生をしていました。

どんどんCADができる人が増えていっっていた時期です。

ハワイアンジュエリーを彫る機械は昔からある仕組みの機械です。

 

僕のまわりのジュエリーCADのオペレーターやCADの先生達は、

1人を除いて、ハワイアンジュエリーの彫りをマスターする。という相談をすると、

だいたいの人が反対しました。

 

ジュエリーCADが最新で

彫金なんていうものは、腕のいい人でも食っていけていない人がたくさんいる。

という事が反対の理由だったと思います。

 

でも、いま僕の周りの人に聞いてもらいたいです。

 

あの時、多くの人が反対したハワイアンジュエリーのエングレーバーを目指す!

というチャレンジをしていなかったら到底今の幸せはありません。

 

子供の保育参観を3人続けて皆勤賞!

なんて自由はなかったと思います。

 

僕は何事も始めるのに遅いという事はない。

という典型的な結論が僕自身だと思っています。

本当に、あの時始める決断をしてよかったと思っています。

 

CADと手作りの両方が現役で通用している人なんてほんの少ししかいないからです。

 

今は多くのブランドからもCADやハワイアンジュエリーの彫りを学びたい。

という人達が来るような学校の校長にもなってしまっています。

 

僕は、彼女にこう言いました。

「お母さんはたぶん、あなたが常にチャレンジしている事に安心すると思うよ」

「今日、恵比寿の学校に見学に行ったよ。というだけでも安心すると思うよ。」

 

僕も3人の父親なので、子供たちの未来について考えます。

どんな時が不安でどんな状態が安心なのか・・・

 

自分で道を見つけて努力をはじめた時にはたぶんホッとするんだと思います。

 

自分で決める。

ゆっくりでもいいから前進する。

そんな大人になってもらいたいと思っています。

 

そんなお話をした今日の出来事でした。

 

Pocket