ジュエリー業界で加工の下請け先の間違いのない探し方。

Pocket

信頼が出来る外注業者の探し方

 

今日は磨きや石留などを外注業者に出したい。と思っている人達にどんな基準で外注業者を探せばいいのかを書いてみます。

実は僕もこの質問はとてもよく受けます。

 

・どこに量産を依頼したら・・・

・どこが上手ですか・・・

・安くて良い依頼先はありませんか・・・

 

などなどです。

まぁジュエリースクールや彫金教室の先生達はよく聞かれるかもしれませんね。

 

でも、学生に聞かれるのとジュエリーブランドに聞かれるのでは少しスタンスが変わってきてしまうので、今日は学生達にジュエリーブランドを運営している人達はどうやって加工の依頼先を見つけているのかを書いてみようと思います。

 

ちなみに、僕は2年ぐらい前から “ジュエリー若者交流会” という会に参加させてもらっています。この会は宝飾業界で働いている50才以下の人達で月に一度集まってお酒を飲む会です。

 

この会の中にはトップブランドで管理をしている人や制作をしている人。OEM業者やダイヤモンドの卸をやっている人。ブランドオーナーや色石屋さんや地金の分析業者、もちろん量産を請け負ってくれる会社の人も複数エントリーしてくれている会です。

 

毎月、なんて事がない話をしている中でやっぱりのびている企業の話はよく話題に出るので、いろいろな事を知る事が出来ます。

工場を見せてくれる外注業者と付き合おう!

 

良い外注業者の選び方ですが、まずトップブランドであればあるほど、工場を見に行きます。ここがまず学生さんとの違いです。

 

学生達は先生やちょっとその道に先に入っている人に聞きますよね。(これは間違っていないよ。)そして、その紹介してくれた人達を信じてその外注先に仕事を依頼してしまう事が多いと思います。

 

かならずやってもらいたい事は、工場をしっかりと見に行ってもらいたいんです。という事は、工場を見せてくれる外注業者を選ぶべきだと僕は思っているんです。

 

外注業者には2種類あります。自社でその加工を受けている所と、受けた仕事を更にその先の下請け業者に流すところです。下請けを使うのは全然問題がないのですが、下請けに出している場合でも、元請けが責任を取ってくれるのでメリットはちゃんとあります。ただ、仕事をしてもらった分のお金が発生してしまうという事です。

 

良くないケースは、下請けに仕事を出しているのに、元請けで検品もせずに渡すようなところとのお付き合いは避けていった方が良いと思います。

 

さて、工場見学の話に戻りますが見学をして何をチェックするべきなのか書いてみます。

 

1.まずは整理整頓されているかどうかをチェックしてください。

効率よく仕事をして行く為にはどこに何があるのかは作業効率を良くして行く為にはとても重要です。効率が良い環境は仕事の速さやクオリティーの高さにつながります。あえて、綺麗な工場と言わないのは建物が古かったり、工具が古い場合は見た目は汚れているように見えても仕事はしっかりとしている場合があるからです。

2.設備投資に費用をかける事が出来ているかを確認。

毎年毎年世界中でクオリティーを上げて行く為の機械や技術が開発されています。伸びている会社はこの設備投資をどんどんしていく事が出来ます。ぜひ、工場案内をしてくれている人に聞いてみて下さい。最近はどんな設備投資をしていますか?と。

なぜ、これを聞くべきなのかというと設備投資が出来る企業は “お金がある” という事です。

 

お金があるという事はどういう事でしょうか?

 

お客様がいるという事です。

 

お客様がいるという事はどういう事でしょうか?

 

いい仕事をし続けているという事です。

 

お客様がいて、いい仕事をしているかお金があるんです。そしてお金があるから設備投資が出来るんです。

だから、聞いてもらいたいんです。工場見学をしながらどんな設備投資をしているかを。

聞きずらいかもしれませんが、高そうですね!!凄いですね!!と聞いてみると、その設備投資がどれくらいの費用がかかったのかを聞くこともできます。

だから、工場見学に行ってもらいたいんです。

 

どんな設備がよくあるのか。

・レーザー溶接機

・レーザーマーカー

・3Dプリンター

・金属切削機
・WAX切削機
・インクジェット造型機
・光造型機

 

勢いがある加工業者はほとんどこれらの設備は持っているはずです。だって全部高額ですからね。3Dプリンターは100万円を切る安いものも増えてきましたが。

 

担当者と仲良くなる事が重要です。

工場見学に行ってほしい理由は、現場で働いてくれる人と仲良くなる為です。

ちなみに僕もたくさんの加工業者と付き合って来ましたし、付き合っています。

でも、こんなトラブルがあるんです。

 

僕が頼むといい仕事をしてくれるのに、違う人がその会社に行くとトラブルが発生する。

 

実はこれはあるあるなんです。

 

会社と付き合うじゃなくて、中で働いている人と付き合うという事が重要なんです。

本当はよくない事なんですが、やっぱり中で働いている人達も人間なんです。

顔を見たことない人と、知っている人。または仲が良い人。同じ仕事でもクオリティーやスピードが違ってきますよね。

知らない人に、急いでください!と言われても・・・

知っている人にお願いします!と言われると。

の違いです。

感謝の気持ちを伝えたりする当たり前の事が重要なんです。

 

設備がしっかりしていて、コミュニケーションをとらせてくれる外注業者が良い業者だと僕はおもっています。

 

まぁ、最初は誰かに聞くところから始めてもらって、自分でしっかりと現場に足を運んでみて下さい。

 

気持ち良い加工業者を見つける方法はやっぱり、仲良くなる事なんですよ。

 

 

追記

今日書いた事は、学校選びにも同じことが言えるかもしれませんね!

Pocket

SNSでもご購読できます。