【お母さんを安心させる事ができていますか】

Pocket

校長です。

 

今日は有休までとってラヴァーグにきてくれた人のお話です。

 

「母親を安心させたい。」

という相談でした。

 

彼女は30才前後。

まだ結婚はしていません。

仕事は事務のお仕事ですが、

このまま続けていっていいのかが不安。

と言っていました。

 

母親はいつも彼女に幸せになってもらいたい。

と言ってくれるそうです。

母親は何歳になってもいろいろな事に心配をしてくれるのが、

嬉しくもあり、情けなくもあるそうです。

 

彼女は最近、母親が願っているような【幸せ】について考えてみたそうです。

本当に自分がやりたい事。

本当に自分がやりたい生き方。

 

僕もそういえば、そんな事をよく考えていた時期がありました。

 

このままいくと、だいたい未来は想像できる。

とも彼女は言っていました。

 

不幸ではない。

でも、幸せとは言えない・・・

そんな未来が想像できているそうです。

 

一度しかない。

一度しかない人生なのに・・・

 

僕に話すというより、

自分に言い聞かせているようでした。

 

僕は彼女に僕も同じような考えを持っていた時期があった事を伝えました。

それは、27才の時でした。

 

サラリーマンを辞める。

その決断をしたのが27才でした。

 

そこから、18年。

振り返って思う事があります。

CADもそうですし。

ハワイアンジュエリーのエングレーバーを始めた時もそうです。

 

ハワイアンを始めると決断した時。

僕はジュエリーCADのオペレーターと学校の先生をしていました。

どんどんCADができる人が増えていっっていた時期です。

ハワイアンジュエリーを彫る機械は昔からある仕組みの機械です。

 

僕のまわりのジュエリーCADのオペレーターやCADの先生達は、

1人を除いて、ハワイアンジュエリーの彫りをマスターする。という相談をすると、

だいたいの人が反対しました。

 

ジュエリーCADが最新で

彫金なんていうものは、腕のいい人でも食っていけていない人がたくさんいる。

という事が反対の理由だったと思います。

 

でも、いま僕の周りの人に聞いてもらいたいです。

 

あの時、多くの人が反対したハワイアンジュエリーのエングレーバーを目指す!

というチャレンジをしていなかったら到底今の幸せはありません。

 

子供の保育参観を3人続けて皆勤賞!

なんて自由はなかったと思います。

 

僕は何事も始めるのに遅いという事はない。

という典型的な結論が僕自身だと思っています。

本当に、あの時始める決断をしてよかったと思っています。

 

CADと手作りの両方が現役で通用している人なんてほんの少ししかいないからです。

 

今は多くのブランドからもCADやハワイアンジュエリーの彫りを学びたい。

という人達が来るような学校の校長にもなってしまっています。

 

僕は、彼女にこう言いました。

「お母さんはたぶん、あなたが常にチャレンジしている事に安心すると思うよ」

「今日、恵比寿の学校に見学に行ったよ。というだけでも安心すると思うよ。」

 

僕も3人の父親なので、子供たちの未来について考えます。

どんな時が不安でどんな状態が安心なのか・・・

 

自分で道を見つけて努力をはじめた時にはたぶんホッとするんだと思います。

 

自分で決める。

ゆっくりでもいいから前進する。

そんな大人になってもらいたいと思っています。

 

そんなお話をした今日の出来事でした。

 

Pocket

SNSでもご購読できます。