LaVagueジュエリースクール
生徒紹介3|ラヴァーグジュエリースクール【東京・渋谷区・恵比寿】

インタビュー

ラヴァーグピーポー
ピーポーインタビュー

太田 奈緒子 (写真左)
ハワイアンジュエリーコース→彫金コース
 
ジュエリーを作るだけでなく、タヒチアンダンスを踊ったり多彩な才能をもつ。またハワイアンジュエリーのブランド『naoko ota HAWAIIAN JEWELRY 』を立ち上げる。
 
naoko ota HAWAIIAN JEWELRY
naokoota-hawaiianjewelry.com/

ピーポーインタビュー

小林 亨 (写真右)
ジュエリーCAD総合コース
 
平日はCADを扱う仕事をしていて、週末はラヴァーグでジュエリーCADやデザインを学んだり、ダンスを学んだり、向上心が高い。

ライン

人を幸せにできるように

太田 奈緒子
ハワイに旅行した時に見かけたHawaiian Jewelryに惹かれてLavague Jewelry Schoolに入りました。先生方もすごく丁寧に教えてくれるし、『創ること』は楽しいということを教えてくれる。貴重な学校だと思います。
ラヴァーグは居心地がいいし。ただ技術だけを学ぶのではなくて、いろんな生徒や先生から刺激を受けられるので、毎日がとても楽しい。ジュエリー製作という共通することがあるので、コトバがなくてもいろんなことが共有できる。ここに通うまで自分がジュエリーを作れるようになるとは思いませんでした。
『naoko ota HAWAIIAN JEWELRY 』という自分のブランドを立ち上げたんですが、今は「好きで作るものと売れる商品は違う」ということに葛藤をいだきながら活動をつづけています。
答えはなかなか見つからないけれど「出口はどこ?」なんて探しながら毎日、一喜一憂しています。私もラヴァーグに出会うまで、ジュエリー制作は全く、別の世界でしたけど、でもそこに踏み込むことで、あたらしい自分の世界がみつかったと思います。「習いたい、できるようになる」という直感を大事にしてほしいと思います。5年後の自分へ 「今より輝いていたい。成功して取材されるような人になって、人に自信を与えられるようになりたい。」これからは教えてもらったことを活かしながら、自分の創ったジュエリーでたくさんの人を幸せにしたい。

 
太田さんのお気に入り

 
最近のお気に入り
今、一番のお気に入りはパレオなんです。タヒチアンダンスを4ヶ月ぐらい前から始めていて、腰にパレオを巻いて踊るんですけれど、巻き方や色柄、長さで踊りのイメージがとても変わるんです。小さな頃からダンスが好きでずっといろいろなダンスを続けてきたけれど、いまはタヒチのこの伝統的なダンスに嵌っています。

かけがえのない時間

小林 亨
レッスンを進めていくうちにできることが増えていくのがとても気持ちいい。
仕事でもCADをつかっているけれど、ソフトが違うのでたまに混乱することが最近の悩みのタネです。設計とジュエリーデザインはやっぱり勝手が違いますから。
ひとそれぞれだと思いますが、僕の場合、いまは一つのレッスンに実験的に様々な技法を盛り込んで、デザイン的なものというより、スキルの熟練度を上げるように気をつけています。
僕がラヴァーグのいいところだと思うところは融通をきかせてくれるところ。自分がいま習得しようとしている内容以外のことを質問しても答えてくれる。
先生たちは出し惜しみをしないので、聞きやすいし、成功談や失敗談などの経験も含めて教えてくれるので、いろんなことが気になる僕からしてみたら、ほんとうにいい学校だと思います。
通う時間は自由に決められるし、遅くまで学校はあいているので仕事をしながらでも通えます。働きながらでも通いやすく、平日は僕も仕事でいそがしくてなかなか顔を出すのが難しいけれど、休日は7時間はここに来て集中して指輪を作っています。
みなさんも気軽に、はじめてみたらいかがでしょうか?
好きなことをしているこの時間が僕にとっては掛け替えのない時間です。

 
小林さんのお気に入り

 
最近のお気に入り
長い間つけているものだから、形や質感にもこだわっています。仕事用やプライベート用などサングラスまで含めると40本ぐらいもっています。一番のお気に入りはこのストレンジャーというブランドのもの。これからもいろいろなメガネを集めていきたい。