LaVagueジュエリースクール
アントレプレナーストーリー 余湖真里WEBサイト制作2|ラヴァーグジュエリースクール【東京・渋谷区・恵比寿】

成長の軌跡

余湖さん
アントレプレナーストーリー
成長の軌跡
余湖 真里

現在『mamaring』というブランドを運営し、活躍している余湖さんはアントレプレナーコースの最初の受講者で卒業者。そんな余湖さんにラヴァーグで学んだことやブランド立ち上げのエピソードを聞いてみましょう。
 
余湖さんのWEBサイトはこちら。

 
 

インデックス
起業までの道のり起業までの道のり
WEBサイト製作 WEBサイト製作

 

ライン

WEBサイト製作

ライン

 
2人の評価

 
アニーと余湖さん

 

今回の対談相手。
 
アニー(講師)
アニー(講師)

日本人なのにアニーというニックネームで活動。ラヴァーグでは主に、CADとアントレプレナーコースで写真撮影やWEBサイトの講師を務めている。

‐‐‐お互いに何か賞を贈るとしたら、どんな賞を贈りたいですか?
 
ふたり  (笑、そして少し沈黙。)
 
余湖   『最高の先生で賞』ですかね。
 
アニー  言い過ぎです・・・。
 
余湖   本当にアニー先生には感謝しています。
 

アニーと余湖さん

 
‐‐‐ではアニーは余湖さんにはどんな賞を贈りたいですか?
 
アニー  ありきたりだけれど、『よくできたで賞』。
 
余湖   本当ですか〜(笑)
 
アニー  本当ですよ(笑)ゼロから始めたのに自分でママリングのウェブサイトも作ったし、誠美堂の ホームページもつくった。今では僕の話を聞くまでもなくエタニティリングのホームページを つくっていたり。もう本当にいろんなことができるようになっている。すごい成長の後が見える。 前は写真とかもそうですよね。旦那さんのカメラ借りてきて「これなんでしょう」といいながら・・・
 
余湖   今でもあんまりダメなんですけれど、でもでも。
 
アニー  以前は充電池ってどこにあるんでしょう?っていうそいういう(笑)
 
余湖   そうなんです、そういうレベルだったんです。
 
アニー  でも今では、ウェブサイトに載っている写真をみるとキレイですもんね。 ほんとによく出来るようになったので。
 
余湖   家でわからないことがあった時に電話してたずねると、すぐ答えてくださるので、本当に ありがたく 思っています。
 
 
アントレプレナーコースの受講を通して、全く分からない何かが分かるようになり、それを活用できるようにしていく。指導とサポートをしていく上で二人の信頼関係は普通の先生と生徒という関係ではなく、良き友人のようであり、また良き先輩と後輩のようでもあり、とてもうらやましく見えました。すでに余湖さんは自身のブランド『mamaring』で活躍しており、今回は忙しい中の対談に応じてくださり、ありがとうございました。
 
アニーと余湖さん

前のページへ戻る前のページへ戻る

 

起業までの道のりへ起業までの道のりへ

このページトップへ戻る