LaVague ジュエリースクール
天然石を自分の手で宝石へ!天然石研磨の専門学校|LaVagueジュエリースクール

☆2020年9月新オープン☆
待望の天然石研磨コースのご紹介です!

天然石研磨とは?


 
遥か昔から地球で育まれてきた、美しい自然の贈り物である天然石。
古代から人々を魅了し、時には権力の象徴だったり、お守りや想いを伝えるものとして、様々な役割をもって現在まで人々の歴史と一緒に歩んできました。
 
天然石はありのままの原石の状態から、人の手が加わって本来の美しさや輝きを発揮し、宝石へと昇華します。石の特性に合わせて最大限の魅力を引き出すための研磨技術やカット技法が古代から研究され、現在も研磨職人に受け継がれながら進化をしています。
 
そんな、古代から続く天然石と人との繋がりである研磨技法を基礎から応用まで学べるコースが『天然石研磨コース』です。
 

天然石研磨

 
天然石が好きで、新しい趣味として始めたい。
オリジナルブランドを持っていて、自分の理想のカットを研究したい。
「自分にとって」「大切な誰か」の想い出の石を、お守りとして身に着けられるように天然石のカットからジュエリー制作まで学びたい。
 
色々な生徒さんやスクールに興味を持って下さった方たちの声を、今回形にしたのがこの天然石研磨コースです。
 

クリスタル

 
LaVagueジュエリースクールの天然石研磨コースでは、自分の研磨技術がちゃんと収入に繋がっていけるようになるまで、現役研磨職人さんの力を借りて本格的なカリキュラムを組み立てられました。
ゆくゆくお家でも研磨が出来るように、機材購入の仕入れ先の紹介やプロ職人のご紹介等も含まれています。
 
 
自分の手で宝石へと磨き上げていくことが出来た時、きっとその天然石への愛着や思い入れは特別さを増すはず。パワーストーンであれば、持ち主との信頼関係を強力なものにしてくれそうですね。

 
 

宝石研磨コースはどんな人向き?

自分に当てはまるかチェックしてみましょう!

 

1.「とにかく天然石が大好き!」

 

天然石

 
昔から、キラキラした石・不思議な模様の石・珍しい石がとにかく好きで、天然石収集が趣味というあなたは、間違えなく楽しめるこのコース。
 
ミネラルショーなどでも、自分がカット技法を経験していると職人さんの凄腕を更に実感することや、石選びの目利きにも役立つはず。
 
好きなことを更に深く追求していくのに、天然石研磨を学んでみるのも一つの方法ですね!
 


 

2.「”こんなカットや研磨があったら面白いのに”と思うことがよくある。」

 

天然石リング

 
ジュエリー制作をしている人なら、一度は思ったことがあるのでは?
思い描くデザインで、理想的な天然石の形や大きさ見つからない。既成の形ではなく、オリジナルで欲しい形を自分で研磨出来たら早いのに。そんな風に思ったことがある人にもピッタリのコース。
 
天然石の特性の座学や、基礎的な研磨技法から複雑な応用までしっかり学んだあと、自分の思い描く形を生み出すことが出来るのもやりがいの一つ!
 
自身のブランドをお持ちの方も、ブランドのオリジナリティやこだわりを強化していくのを加速させていくのは間違え無し。
 


 

3.「天然石を集めるのが好きで沢山持っているけど、使い道がない。」

 

  天然石ペンダントトップ

 
趣味が綺麗な石を集める事っていう方、きっと多いと思います。
LaVagueジュエリースクールでは、沢山のジュエリーメイキングコースがあり、他の制作コースと天然石研磨コースをセットで学ぶことも出来るため、お気に入りの天然石をいつも身に着けられるように加工することを合わせて学ぶことが出来ます。
 
旅行先で綺麗だと思って拾った川辺の石や、子供が宝物のように集めてきてくれた石を加工してアクセサリーやお守りにしてあげられたら、とても大切な宝物になりますね。
 
 

気になるレッスン内容は?

どんな事が学べるの?

 
●全10課題。基礎から応用までしっかり学ぶ●
 
Lesson1 【宝石研磨の特性・石の買い方の見極めなどの座学】
 
まず最初は、モースコード・劈開(へきかい)、処理宝石、宝石加工をする際の注意点などの基礎的な知識をしっかり学びます。石の特性や癖、割れる方向などをしっかり頭に入れて実践への準備をしていきます。
 
座学 
 
Lesson2【ラウンドカボションカット(8mm)】
 
アマゾナイト(水色)の原石を使用して、実際にカットをしていきます。
モース硬度(石の硬さのランク)5~6程度の比較的柔らかい石から始めていきます。
スライスされた板状から、8mmの円にカット(外径取り)して、磨き上げてツルツルぷくっとしたラウンドカットを実践で学びます。
 
ラウンドカボションカット
 
Lesson3【オーバルカボションカット(8mm)】
タイガーアイの原石を使用して、楕円型の丸みを帯びたカットを学びます。Lesson2のアマゾナイトよりもモース硬度が硬いので、磨きの工程数が増えていきます。硬度によって変わっていく研磨の種類を学びましょう。
 
オーバルカボションカット
 
Lesson4【外径どり(10mm)】
水晶を使用して、原石からサイズ通りの綺麗な円柱状を削り出していくカリキュラムです。ファセットカット(多角なカット)をする上で、この一番最初の土台作りが肝となります。しっかり基礎を身につけましょう。
 
外径取り写真
 
●スペシャルコンテンツ動画●
ファセットカット座学(基礎知識&応用)
この先始まる多面カットである「ファセットカット」についての知識を、鵜飼先生による講座動画で学びます。頭にしっかり仕組みや概要を理解して、実践に入る準備をしましょう。
 
ファセッター
 
Lesson5【シングルカット】
水晶を使用して8mmの大きさのシングルカットに挑戦します。初めてのファセットカットにあたり、座学で学んだカットレシピを使用していきます。
 
シングルカット
 
Lesson6【ローズカット】
アンティークジュエリーに多く使用されているローズカット。ダイヤモンドの代表的なブリリアントカットが開発される前は、このカットが主流でした。
シングルカットからの応用で、より多面なカットに挑戦していきます。 
 
ローズカット
 
Lesson7 【エメラルドカット】
ローズクオーツを使用してエメラルドカットに挑戦していきます。 ラウンド・オーバルから、長方形のカットと出来る幅を増やしていきます。
 
エメラルドカット
 
Lesson8 【ダイヤモンドカット(ノーマルカット)】
  カラーストーンのラウンドカットでは定番のカットです。見た目はダイヤモンドに使用されるブリリアントカットとほぼ同じですが、カット数はブリリアントより7面少ないもの。(ブリリアントは58面)
ファセッターを使用して、複雑で面の多いカットに挑戦していきましょう。
 
ダイヤモンドカット
 
Lesson9 【枠合わせ】
用意してある枠に合わせてメノウをカットをしていきます。ピッタリサイズに研磨することが出来たら、基礎習得完了!
ここでは、実際に金属の磨きや爪留めも一緒に学びます。
 
枠合わせ
 
Lesson10 【卒業課題】
今まで学んだことを活かして自由にカットするもよし。
また、エメラルドカットとダイヤモンドカットの複合であるブリリアントカットへ挑戦してみるのもOK! 使う石やカットは自由なので、やってみたかったカットを試してみましょう!
 
ブリリアントカット

 
 

天然石研磨のお試し体験会
2020年10月より通常体験に追加!

大好評につき、定番体験に仲間入りします!

 
興味はあるけど、天然石の加工って自分でも出来るのかな?という方の為に、実際にお試しで石の研磨を体験できます!
 
『お試し体験!初めてのカボションカット』
 
ラウンドカボション色々
 
 
オープン記念による特別な天然石研磨お試し会でしたが、大好評だったため通常体験の仲間入りが決定いたしました!
 
詳しい詳細は下記のリンクから! 
 
 
 

 


宝石には色んな意味が込められてる!
▼宝石言葉辞典を読んでみる▼
 
宝石の意味辞典のバナー
 
天然石研磨コース
¥275,000(全10課題) ※1
●天然石加工の知識を得るための座学・初歩的なカボションカットから、複雑なブリリアントカットまでの基礎・応用が本格的に学べるスペシャルコース。
 
 
通学有効期限 最大2年間
分割払いも\6,000~ご用意しています。

※1 すべてのコースに入学金として¥11,000と材料費が別途かかります。(材料費は個々のデザイン・素材により異なります。)
※2 コース習得にかかる日数は各個人の通学ペースにより異なります。お好きな日時、自由なペースで通学出来ますので、集中して通学できる方は短期で習得していただくことも可能です。
※3 コース受講料は一括または分割でのお支払いが可能です。表記価格は(コース受講料+入学金)を60回払いされる場合の一例です。頭金の額や支払い回数により表記価格は変動します。


天然石研磨コースと合わせて受講!
▽制作系コースがこちら▽ 
(アイコンをクリックで詳しいページへ)
ジュエリーCADコース
初心者でも最上級の クオリティ
ジュエリーCAD
アンティークジュエリーコース
こんなのが作りたかった!
アンティーク
彫金コース
全ての基礎で習得マストな技法の
彫金総合
インディアンジュエリーコース
意味や想いを受け継いで作る
インディアン
ロストワックスコース
メンズシルバージュエリーといえば
ロストワックス