LaVague ジュエリースクール
地金の特性を知ると加工がうまくなるってホント!?Pt編|ラヴァーグジュエリースクール【東京・渋谷区・恵比寿】

地金特性 Pt

地金特性 Pt(プラチナ)

ジュエリーの元になっている金属のことを「地金」と呼びます。
特にジュエリーでは貴金属として「プラチナ」「金(ゴールド)」「銀(シルバー)」のいずれかが使用されることがほとんどです。
ここではよく使われるこれらの地金(プラチナ)についての特性を説明していきます。

 

元素記号 Pt (白金・プラチナ)


 
地金特性 プラチナ

プラチナは大気中、高温時でも変色せず、色調は白系ですがシルバーとはまた違った感じで少し黒っぽい、またはグレーのような少し落ち着いた雰囲気の色合いです。
 
この色合いはブランドごとに違う事が多く、それがブランドの特徴になることもあります。
Pd(パラジウム) Co(コバルト) Cu(銅) Ir(イリジウム) Ru(ルテニウム)などを比率を変えて混ぜ、色を変えることがその代表例として挙げられます。
 
金属としての希少性や色合い、不変性という観点から結婚指輪や婚約指輪、ハイジュエリーによく使用されます。
 
 

プラチナの特性


 
P1000(純プラチナ) 融点1769℃ 比重 21.4
Pt900Pd割) 融点 1755℃ 比重 19.9
展延性にとても優れていて粘り強いという特徴があります。
 
 
Ptロウ (PL1)融点1400
     (PL2)融点1240
     (PL3)融点1110
※まだ他にも種類があり、メーカーによっても融点は異なるので注意。
 
・経年変化する事が無く色味が変わらない。
・ロウ付けなどをしても色が変わらず鏡面を維持できる。
薬品耐性がとても強く、王水以外の薬品ではほとんど影響がないです。
・程よい硬さがあり粘り強い為、ハンドメイド加工に向いている。
 
 
●Ptにバネ性を持たせるのは難しく、加工硬化、焼き入れなどをしないとバネ性を持たせることができない。

前のレッスン
   
アンティークトップへ
  
次のレッスン
前のレッスン
 
アンティークトップ
 
次のレッスン
体験レッスン・学校見学
 
 
ラヴァーグでジュエリーを学んでみたいと思ったら 

体験レッスン・学校見学に行ってみよう 

 
体験レッスン・学校見学
    
資料請求
 
 
お急ぎのご予約はお電話にてお願いいたします。
 
0357893554
10:30~21:30(土・日・祝日は21:00まで)水曜定休