LaVagueジュエリースクール
インディアンジュエリーの制作技法に特化した専門学校・教室|ラヴァーグジュエリースクール【東京・渋谷区・恵比寿】

インディアンジュエリーコースTOPページ
インディアンジュエリーコースTOPページ

インディアンの伝統を受継いでいく

インディアンジュエリーの制作技法に特化した集中レッス

【インディアンの伝統を受継いでいく】

インディアンジュエリーの
制作技法に特化した集中レッスン

INDIAN JEWELRY COURSE

インディアンジュエリーとは

アメリカ大陸先住民である「インディアン」達によって作られたジュエリーの事をインディアンジュエリーと言います。
彼らの独自の模様で自然に対する感謝の気持ちや家族・仲間や友情の証、豊作への願いや、幸せへの祈りが込められています。
インディアンジュエリーを制作する有名な4大部族として
『ナバホ族』『ズニ族』『ホピ族』『サントドミンゴ族』が現在もインディアンジュエリーを受け継ぎ、本物のインディアンが作るジュエリーは貴重なものとして世界中から愛されています。
 
※インディアンの歴史について詳しくはこちらから
 インディアンの歴史とモチーフの意味
 


 

【日本初?インディアンジュエリーコース】 

 
基本的には、彫金技法と鋳造技法でインディアンジュエリーは作られているため、多くのスクールでは彫金コースを学ぶことでインディアンジュエリー風の作品が作れるようになるとされてきたと思います。
LaVagueジュエリースクールでも、今まではインディアンジュエリー風の作品を作りたい方達には彫金コースを進めてきましたが、既存の彫金コースでは取りこぼしてしまっている技法や、インディアンジュエリーによく使用されている装飾に対して、きちんと細かく学んでもらうために作られたカリキュラムが必要でした。
 
最近、男性・女性ともにインディアンジュエリーが好きな人たち・作りたいという方達が増えてきました。改めてインディアンジュエリーの価値が見直されている今、伝統技法を学べる場所が必要だと感じ、この度設立となりました。
 
調べれば調べるほど奥が深く、今現代で忘れかけている「人としての大切な芯の部分」を思い出させてくれたインディアン達への敬意は増していきました。どうせなら”インディアン達の強く清らかなスピリットを知ってもらえるきっかけ”となるようなコースにしていきたい。そんな思いを込めて、技術だけではなく伝統を少しでも繋いでいく手伝いが出来ればという気持ちで、このコースを立ち上げました。
 
 

 

インディアン

 
 
 
 
ドリームキャッチャー

インディアンジュエリーとは

アメリカ大陸先住民である「インディアン」達によって作られたジュエリーの事をインディアンジュエリーと言います。
彼らの独自の模様で自然に対する感謝の気持ちや家族・仲間や友情の証、豊作への願いや、幸せへの祈りが込められています。
インディアンジュエリーを制作する有名な4大部族として
『ナバホ族』『ズニ族』『ホピ族』『サントドミンゴ族』が現在もインディアンジュエリーを受け継ぎ、本物のインディアンが作るジュエリーは貴重なものとして世界中から愛されています。
 
※インディアンの歴史について詳しくはこちらから
 インディアンの歴史とモチーフの意味
 

インディアン

 

【日本初?インディアンジュエリーコース】 

 
基本的には、彫金技法と鋳造技法でインディアンジュエリーは作られているため、多くのスクールでは彫金コースを学ぶことでインディアンジュエリー風の作品が作れるようになるとされてきたと思います。
LaVagueジュエリースクールでも、今まではインディアンジュエリー風の作品を作りたい方達には彫金コースを進めてきましたが、既存の彫金コースでは取りこぼしてしまっている技法や、インディアンジュエリーによく使用されている装飾に対して、きちんと細かく学んでもらうために作られたカリキュラムが必要でした。
 
最近、男性・女性ともにインディアンジュエリーが好きな人たち・作りたいという方達が増えてきました。改めてインディアンジュエリーの価値が見直されている今、伝統技法を学べる場所が必要だと感じ、この度設立となりました。
 
調べれば調べるほど奥が深く、今現代で忘れかけている「人としての大切な芯の部分」を思い出させてくれたインディアン達への敬意は増していきました。どうせなら”インディアン達の強く清らかなスピリットを知ってもらえるきっかけ”となるようなコースにしていきたい。そんな思いを込めて、技術だけではなく伝統を少しでも繋いでいく手伝いが出来ればという気持ちで、このコースを立ち上げました。
 

ドリームキャッチャー
インディアンジュエリーコース概要
初心者でも安心して学べる嬉しい理由

インディアンジュエリーコースで学ぶ技法

 
このインディアンジュエリーコースでは、主に金属加工の基礎である彫金技法と、鋳造を行うロストワックス製法の2種類の技法が含まれています。
 
ナバホ族が得意とするスタンプワークやリポウズ技法、ホピ族の代表的なオーバーレイ技法、実際に使用されている技法を学びながらオリジナルの刻印模様(タガネ)制作など、伝統からオリジナリティの応用が活かせるような力を身につけるコース構成となっています。
 
全16課題が終了した時、あなたが思い描くインディアンジュエリーが一人で作っていけるようになっているはずです。

 
インディアンジュエリーサンプル写真

【カリキュラム一覧】
インディアンジュエリーコースで学べる事
 
【Lesson1 ホールマーク(オリジナル刻印制作)
 
ホールマーク
 
 
初めてのレッスンでは、自分の作品であることを示す「ホールマーク」を作成します。
やすりを使ってタガネと呼ばれる鋼を加工していく課題で、これが出来るようになると様々なスタンプワーク用の模様が作れるようになります。 特別な自分だけの印を作って、これから制作していく作品に刻印を刻んでいきましょう!
 
【Lesson2 スタンプワーク用タガネ作り】
 
タガネ
 
 
2つ目のレッスンでは、2種類の模様タガネを制作します。
レッスン1で学んだことを踏まえて、インディアン達が大切に伝承してきたモチーフを彫り起こしていきましょう。
 
 
【Lesson3  スタンプワーク】
 
打刻リング
 
 
Lesson2で作った刻印を使用してリング制作を行います。
彫金の基礎が詰まったリング制作することと初めてのオリジナルリングの完成です。
 
【Lesson4 唐草・太陽のタガネ作り】
 
タガネ
 
 
ここでは3~5本分のタガネを制作します。緩めの曲線を組み合わせて模様や繋ぎの装飾を施していきます。
 
 【 Lesson5  唐草アイテム】
 
シークレット
 
  Lesson2で作った刻印を使用してリング制作を行います。
彫金の基礎が詰まったリング制作することと初めてのオリジナルリングの完成です。
【Lesson6 糸鋸ワーク】
 
糸鋸
 
彫金技法において最も基礎である糸鋸での金属カット。サンダーバードやドラゴンフライなどのインディアンのモチーフを切り抜きながら技術を習得していきましょう。
【Lesson7  フェザー用たがね制作】
 
フェザー用タガネ制作
  
インディアンジュエリーで最も代表的でみんながイメージするであろう「フェザー(羽)」の制作に向けて、タガネを用意していきます。タガネの作り方を習得しておくことで、羽の微妙な表情の違いを表現していくことが出来ます。
【Lesson8 フェザー制作】
 
フェザー
  
タガネ制作が終わったら、楽しみにしていた方も多いと思うこのフェザー制作の課題です。神聖なモチーフであり、友情や戦績の象徴という意味もあるモチーフです。
【Lesson9  オーバーレイ】
 
オーバーレイ
 
ホピ族の最も得意とし、インディアンジュエリーの代名詞といっても過言ではない【オーバーレイ技法】
2枚の板を重ねて溶接(ロウ付け)をしていき、平面ながらも立体的な作品を制作していく技法を学びます。
  【Lesson10 ファイリング】
 
ファイリング
 
ファイリングとは、彫金技法でいう「すり出し」です。やすりを使用して地金から形を削り起こしていきます。主に「サンバースト」という太陽モチーフに使用されることの多い技法です。
【Lesson11  覆輪留め】
 
ターコイズ 覆輪
 
「空の石」命に力を与える神秘のお守りとして、インディアン達に重宝にされてきたターコイズ。この石をジュエリーに添えるようになってからインディアンの独自のジュエリーとして歴史が始まりました。
この課題では、ターコイズの石を留める代表的な「覆輪留め」を習得していきます。
 
  【Lesson12 ベゼルワーク・シャカ玉の装飾】

 

ターコイズ インディアンジュエリー
  
装飾性のある覆輪やアクセントとなる丸い粒々の制作手法を学びます。作品の華やかさを一段上げていくために必須の課題となってきます。
 
【Lesson13  インレイ風】
 
シークレット
 
ズニ族によるインレイ技法を今風で簡単にアレンジしたカリキュラムです。 本来なら高い石の研磨技術と緻密な石留スキルがなくては出来ないものですが、この技法なら初心者の方でも簡単に出来るのが嬉しい特徴です。
 
【Lesson14 キャスティング・WAX制作】
 
ワックス製法
 
今までは金属加工で制作してきた技法とはガラッとかわり、ワックスというロウ材を削り出して原型を制作していきます。金属加工だけでは難しい形態はこのワックスを利用することでより制作の幅が広がっていきます。
 
【Lesson15  リポウズ】
 
リポウズ
 
金型にシルバーの板をあて、雄型と雌型を合わせて打ち込んでいくことで模様が浮き出た表現をすることが出来ます。今ではほとんど生産されておらず、入手は困難となっています。
ラヴァーグでは特別な入手ルートから手に入れた、本物のインディアン達が使用している貴重なリポウズの型を使用して、打ち出しを習得していくカリキュラムです。
 
【Lesson16 卒業制作】
 
インディアンジュエリーコース卒業制作
 
今まで学んできたことを生かして、思い思いの作品を制作してみましょう。ここまで学ぶことですべて自分でデザイン・制作・仕上げまでの流れを組み立てることが出来るようになっているはずです。

 

全16課題

 


インディアンジュエリーコース
¥299,160(税込)(全16課題) ※1
●彫金技法15課題
●ワックス技法1課題

※1 すべてのコースに入学金として¥10,800と材料費が別途かかります。(材料費は個々のデザイン・素材により異なります。)
※2 コース習得にかかる日数は各個人の通学ペースにより異なります。お好きな日時、自由なペースで通学出来ますので、集中して通学できる方は短期で習得していただくことも可能です。
※3 コース受講料は一括または分割でのお支払いが可能です。表記価格は(コース受講料+入学金)を60回払いされる場合の一例です。頭金の額や支払い回数により表記価格は変動します。
 

2019年8月1日より
授業スタート!!
 
 
-7月11日より先行予約開始-
≪先着10名様限定≫
お得なキャンペーンをご用意!
 
LaVagueジュエリースクールの生徒さん・卒業生は20%OFF!
新規入学者の皆さんは¥21,600OFFチケットをプレゼント!

 

10名様限定。7/31締切です!
 
 
【↓カウントダウン↓】
キャンペーン終了まで あと10名!
古書
古書

合わせて学びたいコース

アントレプレナーコース
アントレプレナー(ブランド設立コース
このコースと合わせて受講すると ¥547,560
ジュエリーの作り方を学ぶのではなく、ジュエリーを売るためのノウハウを学ぶコース。自分のブランドを立ち上げたい方におすすめ!
別々に受講すると¥785,160のところ¥237,600もお得!
ジュエリーCADコース
ジュエリーCADコース
このコースと合わせて受講すると ¥841,806
3DCADを使ってジュエリーを作るジュエリーCAD。商品としての高いクオリティと開発スピードはジュエリービジネスを考える方には必須!手作りでは思い通りにいかないデザインも解決できるので、鬼に金棒の何でもこい!と言える実力が備わるはず!
別々に受講すると¥990,360のところ¥148,554もお得!
体験レッスン・学校見学
 
ラヴァーグでジュエリーを学んでみたいと思ったら 
体験レッスン・学校見学に行ってみよう 
 
体験レッスン・学校見学     資料請求・お問い合せ
 
 
お急ぎのご予約はお電話にてお願いいたします。
 
03-5789-3554
10:30~21:30(土・日・祝日は21:00まで)水曜定休