趣味として楽しむ
ジュエリー製作をたのしむ1

ジュエリー製作をたのしむ。
ジュエリー製作は、難しくありません。みんなが思っているより、ジュエリーは楽しくて簡単です。ラヴァーグではプロとして活躍したいという人を育てていますが、自分の大好きなジュエリーを楽しんで作りたいという人のために教えています。
プロとして職人になりたいと思っている人と、自分の大好きなジュエリーを作りたいという人への教え方は違います。プロはお客様のどんな要望にでも応えられるように技術をつけなくてはいけないため、地道な訓練も必要で、何が起こっていも対応できるように様々なことを学ばなくてはいけません。
でも、自分の大好きなデザインだけを上手につくれればいいという人はそこまで学ばなくても構わないのです。例えばお花が大好きな人はお花のジュエリーだけがんばっても良い。好きなデザインで好きなだけジュエリー製作をたのしむ。そんな選択肢もあります
ジュエリーを楽しむ

ジュエリー製作をたのしむ2

ラヴァーグで学ぶと楽しいことがたくさん。
人との出会いや様々なイベント。ラヴァーグを通して、つながることで多くのことが見えてくる。ジュエリー製作があなたの人生をさらに楽しく充実させる。
ラヴァーグではエンジョイジュエリーのコンセプトで教えています。便利で早い機械を使うことで、誰でも手軽に本格的なジュエリー製作が楽しめます。

お花見、焼き芋パーティやスノボー旅行など盛りだくさんのイベントも企画しています。
明るく楽しい人も多いので、友人も増えること間違いなし。


ジュエリー製作をたのしむ3

簡単に技術が学べるということを知る。
宝飾業界は教えることに後ろ向きなんです。本屋に行ってもジュエリーメイキングの書籍はほとんど見当たりません。理由は考えてみると簡単。ジュエリーが作れるようになると中途半端なものや簡単なものは買わなくなって、自分で作るようになるからです。
実はラヴァーグの先生たちもジュエリーが大好きだったのではじめはみんな同じことで苦労しています。宝飾業界はジュエリーを買ってもらいたい業界で、作れるようになってもらいたくない業界なのです。

銀粘土は素材をずっと楽しみながら買ってもらうために、新しい書籍がでたり、イベントやセミナーを開催したり、いろいろなサービスをしてくれます。
それ以外の技術はジュエリーが作れるようになると、中途半端なものや簡単なものは買わなくなって、自分で作ってしまうため教える学校が少ないまた簡単な作り方を教えてくれないのが現状です。

ジュエリーメイキング

ジュエリー製作をたのしむ4

ジュエリーはもっと楽しくて簡単で素敵なもの。
ラヴァーグジュエリースクールではジュエリーメイキングの技法を大きく 5 つに分けています。銀粘土、WAX、彫金、ハワイアンジュエリー、そして最後にデジタルジュエリーメイキングのジュエリーCAD。作りたいものに合わせて、必要なコースを学ぶだけでいいのです。
ラヴァーグでは「puaally」というジュエリーブランドを運営していますが、生徒にお店の商品を見て、「これを作ってみたい!」といわれることもよくあります。内心では「できれば作らずに買ってほしい。。」という気持ちもありますが、しっかり作り方を教えています。

我々はまた次のジュエリーを提案していければよいので、変に難しく教えたり、授業料が無駄にかさんでしまうようなことは教えません。
本当にジュエリー制作はもっと楽しくて簡単で素敵なものだからです。一度、体験入学をしていただき、ラヴァーグのテキストや学校を見てください。とっても楽しく素敵なジュエリーが作れるようになるということが分かると思います。

ジュエリーデザイン