ジュエリーデザイナーを目指す方へ

 
 

ジュエリーデザイナーになるために1

ジュエリーデザイナーの現状。

現実問題として新商品に対する需要は以前より高まっています。大量生産から生み出されたジュエリーより、多品種小ロットの時代に宝飾業界も完全に移行しつつありますが、今までのようにジュエリーデザインしかできないデザイナーでは、高い評価が受けられないのが現状です。

 ジュエリーデザインというと、一般的には「宝石の魅力を引き出し斬新なデザインを提案する仕事」といわれていますが、「今の時代、斬新なデザイン」と言われてもそれを生み出すことは並大抵のことではありません。現在の宝飾業界の現場ではアジアのローコストオペレーションから生み出される低価格ジュエリーや、ヨーロッパのブランドジュエリーと違うデザインで、お客様に支持される商品が提案できるかが重要になってきています。単純に価格という面で、アジアの低価格ジュエリーと戦っていくことは非常に困難で、ヨーロッパのブランドの歴史から生み出される根拠のあるデザインを超えていくことも非常に難しいのが現状です。

ジュエリーデザイナーになるために2

どのようなデザイナーが必要とされているの?
企画をしっかりと企てることができ、当然デザインを含めたジュエリー制作や販売の知識など1人1役ではなく1人3役、4役とこなすことができる総合的な能力が求められる時代になっています。

 今まではデザイナーとクリエイターが何度も打ち合わせをし、ジュエリーを制作するまでとても手間がかかっていました。しかし、すべて一人で完結させることができるのもジュエリーCADを導入したいという、宝飾メーカーが多い理由でもあります。企画をしっかりたてて、その企画に沿ったデザインを考える、そして自分のイメージしたとおりのジュエリーを一人で全て作り上げるという事ができたら・・・、店頭の販売員のスタッフが気軽にお客様の前でジュエリーをデザインできてしまったら・・・その能力はとても必要とされるのではないでしょうか。

ジュエリーデザイナーになるために3

CADを学ぶという選択肢。
企画をしっかり企て、企画に沿ったデザインを考える、そして、自分のイメージ通りのジュエリーを一人ですべて作り上げるということができたら・・・そこへの近道はジュエリーCADにあるかもしれません。

CADは 今までの技術にとって変わるものではなく、新しい道具にすぎません。しかし新しい道具や技術をいち早く取り入れて、さらに新しい技術を追い求めていく姿勢が大切なのです。いま活躍しているジュエリーデザイナーが、ジュエリー原型を正確につくることができ、原型を手作りでつくってきた職人さんが、新しい技術としてジュエリーCAD を身につけることで制作に効率が生まれる。これから宝飾業界でデザイナーやクリエイターを目指す人たちには、「しなくてもすむ苦労はしないほうがいい」とラヴァーグでは教えています。

ジュエリーデザイナーになるために4

ラヴァーグからの提案。
第一線で活躍してる講師たち、様々な業種の仲間たちと刺激しあい、共に育っていく。それにより、幅広い知識と技術を身につけ、多角的に物を見て、考えることのできるデザイナーに。そういうデザイナーが今後の宝飾業界で活躍する人材であると確信しています。

ラヴァーグではジュエリーメイキングの技術だけではなく、宝飾ビジネスを始めるにあたり何を身につけていかなくてはいけないのかを、みんなに伝えています。また、ラヴァーグジュエリースクールは、現場で活躍している宝飾業界の人たちも通学しており、ジュエリーデザイナー、原型師、ジュエリーショップオーナー、OEMメーカースタッフ、ブランドオーナーの方など、宝飾業界の生の声を聞くことができる数少ない学校でもあります。共に育っていき、様々な知識を身につけ、多様な力を身につけたジュエリーデザイナーを目指していきましょう。
 

CADコース詳細CADコース詳細