ゴールドプレーティング・ゴールドフィルド

Pocket

僕はね・・・

信頼。

っていう言葉を良く使う。

地金の買取をお店でやっていると・・・

K18の刻印があるのに、磁石にカチャってくっついたりする商品があったりする。

K18GPって刻印が押してある商品をK18だと思って持ってくる人もいる。

K18GFって刻印が押してある商品をK18だと思って持ってくる人もいる。

ゴールドプレーティング・ゴールドフィルド。

僕は宝飾業界で普段仕事をしているからそれぞれの言葉の意味を知っている。

だけど・・・

それを知らずに、金だと思って購入したり、プレゼントされたりしているのに何らかの事情があるのだけれど、それを売りに来る人に買えない旨を伝えると・・・

びっくりしたり、残念そうな顔をさせてしまう事がある・・・

お客が勉強不足。

という考え方もできる。

だけど、売る方が説明不足という考え方も出来る。

ゴールドフィルド。

という素材。

僕はとても素晴らしいと思う。

それ自体が悪いわけじゃない。

学校でも使う事がある。

だけど、それをK18と勘違いしてしまうような売り方をしたりしてはいけないと思う。

コスチュームジュエリーってどうして生まれたのかを聞いたことがある。

宝飾の凄いのを日常で使うのはちょっと・・・

という時に、同じデザインで真鍮やガラスを使って楽しむ為の日常使用を目的としたジュエリー。

という感じだったと思う。

ちゃんとそういうもんだと説明をしてくれるのであれば、何も貴金属や宝石である必要なんてない。

けして裕福ではないけれど、少ない予算でファッションを楽しむ。という考え方があったっておかしくない。

僕らは、そんな人達にも僕らの技術を使っておしゃれを楽しんでもらう為に、いろいろな技術を身に付けたり、設備を投入している。

だから、GPやGFが悪い訳ではない。

ちゃんとしっかり勘違いがないように情報を発信する事が大切と思う。

対面販売をしている所では、このような勘違いはたぶん生まれてこないはずである・・・

だけど、顔を合わせない、ネットショップやいろいろな商品が置いてあるセレクトショップなどでは、もしかしたらそんな説明を省いてしまっているのかもしれない。

しっかりと説明をしている所もある。

だけど、そうではない所ある。

ふと、そんな事が未来に何を招くのかを考える今日この頃でした・・・

Pocket

SNSでもご購読できます。