ジュエリースクール・彫金教室・ジュエリーCAD専門学校 【ラヴァーグ】東京・渋谷区恵比寿

倉岡麻美子 Clip女子会

Clip 日本橋


Clip 女子会 vol.4  トークイベント
2015.6.16(TUE)
http://www.clip-tokyo.com/
http://www.pethicajewelry.com/
日本橋にあるワーキングスペース【Clip】にて、才能分業明細士の藤宮ありささんとPETHICA JEWELRYのデザイナー倉岡麻美子さんが独立起業するにあたった経緯や実際の気になる現状を赤裸々に話していくトークイベントに出演。独立起業を目指したり、既に起業している女性たちが集まり、交流していくClip女子会vol.4

 



レポーター : 中西ゆいこ


2015.6.16(TUE)に日本橋にあるワークスペース【Clip】にてClip女子会というトークイベントが開催されました。
Clip女子会は4回目を迎えましたが、女性の活躍や悩みをテーマに様々な世代を繋いで行く事が目的に行われているイベント。
 
今回の内容は、気づいたら自然と独立起業をしていた女性達の独立に至るまでの経緯や、今どんなことを考えているのか、正直独立をしてよかったと思えるのかといった気になるところを聞いていこうというもの。
 
会場にはまだ大学生の方から、既に独立起業している女性、独立に踏み出そうか悩んでいる女性と、様々な年代の方達が集まっていました。
 
今回、Lavagueを工房として使用している【PETHICA JEWELRY】デザイナーの倉岡麻美子さんが登壇されたので、取材にお伺いさせていただきました。

倉岡麻美子 トークイベント

 
Clip 女子会 会場風景

倉岡麻美子 PETHICA

PETHICA Designer

 
ウユニ塩湖 倉岡麻美子

倉岡さんがジュエリーデザイナーとして独立起業をするきっかけとなったのは旅行に行ったボリビアのウユニ塩湖を観たこと。
 
それまで外資系の仕事をしていた倉岡さんは、安定した生活を送っていました。
 
だけど企業の中で働いている際に、毎年新入社員が入ってくるシステムではなかった為、長年勤めていてもいつまでも一番年下であったり、急すぎる吸収合併が起きて、朝普通に出社したら今までの会社が全く別物になってしまっていたりと、徐々に疑問が湧いていました。
 
「企業に勤めているから安心」というわけでは無いのだと。
そういった状況で働いていく中で、どうしても5年後・10年後も同じように働いている姿が想像出来なくなってしまいました。
 
そんな時、旅行で行ったボリビアのウユニ塩湖で、薄い湖面に反射して、どこまでも見渡す限り美しい青空が広がる景色を目にして、あまりの壮大な景色に、うだうだ悩んでいる事が馬鹿らしくなり「何か新しい事を始めよう」と決意したのでした。
 
思い立ったらすぐ行動に移してしまう倉岡さんは、帰国してから辞表を出し、半年後に退職をします。退職までの間に自分に合う次の道を探し始めました。そんな時に出会ったのが、Lavagueでした。

Clip 女子会 Vol.4

 
倉岡麻美子 独立起業

倉岡麻美子 デザイナー PETHICA

ずっと雑貨やジュエリーが好きだった倉岡さんは、Lavagueの一日体験スクールに参加しました。
 
その時、Lavagueの充実した設備や、独立起業を視野に入れてジュエリー製作を行っている工房のデザイナーさん達を見たり、校長先生とお話をする機会があり、なぜジュエリーを作るのか、ジュエリーにしか出来ないこととは何か、独立起業するという事とは、一体どんなことなのか ということをじっくり話し合い、これだ!と思い、ジュエリーの勉強を開始しました。
 
その後工房に毎日通いながらブランド制作に取り掛かります。
年に一度、恵比寿で開催される約80人のジュエリーデザイナーによるDesigner's FESTAに参加を決めた倉岡さんは、そこまでにWEBサイトの公開を目標に、工房にいる間はジュエリー製作を、家に帰宅してからは必要な写真撮影やWEB構成に没頭し、目標通りの開催期間までに【PETHICA JEWELRY】を立ち上げました。
 
努力の甲斐があり、Designer's FESTAでは来場者約360人に一番素敵だと思ったブランドを選んでもらう投票制になっていて、そこで見事グランプリを獲得します。
 
そこから、ジュエリーデザイナーとして本格的に活動を始め、企業に勤めていた時よりも全ての工程を自分でやるから、お客さんとの出会いだったり、お金の管理だったり、製作やブランド運営ひとつひとつの工程の大切さが身に染みると話していました。
 
講演の途中、とても素敵だなと感じた倉岡さんの言葉がありました。
 
どんな瞬間が仕事に繋がるのかわからない今は、以前よりも一瞬一瞬を大切に出来ています。でも決して営業はせず、自分の人と成りを知ってくれて、PETHICAのコンセプトやそのジュエリー製作のインスピレーションとなった旅の思い出を気に入ってくれた人だからこそオーダーをしてくれるんです。
そうやって、色んな所へ行き、色んな人と出会い、色んな人と繋がっていく中で、独立起業してからは本当に自分の好きな仕事をして、自分のしている事を誇りに思っている方達との出会いが増えたように感じます。
仕事を辞める事は勇気がいるけど、迷ったらまず行動に出てみる事。行動に出てみて合わなかったら候補から消えるだけ。だめだったらバイトでもいいんだから、挑戦する前から諦めてはもったいないです。
 
前に進み始めた倉岡さんの言葉には、力強い説得力を感じました。私も改めて確かにそうだなぁと感じたことの多い、とても勉強になるトークイベントでした。
次は、PETHICAの展示販売会への取材に行ける日を楽しみにしています。

PETHICA JEWELRY

倉岡麻美子


旅するジュエリー【PETHICA】デザイナー
世界各国を旅し、旅先で受けるインスピレーションや大切な想い出をジュエリーとして形にしている。
Designer's FESTA2014 グランプリ受賞
京都境町画廊にて合同展示販売会参加
松屋銀座Nelleullaと期間限定コラボレーションカフスを発表

 
 
 
 
 

PETHICA オフィシャルサイト