ジュエリースクール・彫金教室・ジュエリーCAD専門学校 【ラヴァーグ】東京・渋谷区恵比寿


 


LUMINE the QUARTIER-LA Exihibition & Market
2014.10.21(tue)-10.25(sat)
http://www.lumine.ne.jp/ltq/
LUMINEがセレクトしたファッション・ジュエリー・ワークショップ・アート作品・フード販売等の新進気鋭の30ブランドが集まる合同展示会・マーケット。
普段なかなか出会う機会のないデザイナーの人柄や、ブランドの背景が知ることができるマーケットであるのが目的。

 



レポーター : 中西ゆいこ


  今回私が観に行ったLUMINEが主催する合同展示会。
 
どんな展示会だった?
と聞かれたとき真っ先に浮かぶ言葉は
 
パレードみたいな展示だった
 
ということ。
 
5日間の開催期間中、マーケットとして販売を始めるのは最後の2日間。
マーケット開催の初日、オープンして割と早めの時間に行ったにもかかわらず、会場は人で溢れてとても賑やか。
 
ジュエリーや洋服、鞄や雑貨、おいしそうなクッキーやコーヒー、大福まで販売していて、なんだか外国のお祭りみたいな雰囲気でした。
 
人混みを掻き分けつつ歩いていると、次から次へと現れる個性的で少し不思議だけど魅力的な作品が目に飛び込みます。
 
歩いてるのは自分だけど、まるでパレード。


 


 

お目当てのA.I.bijouxへ到着。
 
ブースは古い味のあるアンティーク調の机の上に洋書が置かれていて、その上にそっとビンテージボタン・スパンコール・ビーズを使ったピアスが静かに並んでいました。
 
A.I.bijouxの作品は新品のはずなのに着けた瞬間からすっと馴染み、昔から愛用していたような、全く違和感のない作品だなぁと感じました。
 
デザイナーの岩井さんの人柄も作品の雰囲気と似ています。
 
なんだか昔からの友達の様な安心感を感じる方。
人柄が作品に反映されているのかもですね。
 
 
 
 
今回のカルチェラマーケットでは展示に使用する什器等を担当コーディネーターと打合せをし、ブランドに合った什器を用意してくれたのだそう。
 
そのおかげか、個性的で一見バラバラなブランド達も会場全体では、なんだか一体感をもっていたような気がします。
 
既にLUMINEの新しいワンフロアの様でした。


作り手の人、それを選ぶ人。
 
大事に作った作品を、大事にしてくれる人へ直接お渡しする。
 
作る時も、選ぶ時も かならずワクワクする気持ち。
 
ワクワクを共有していく。
 
共有した和が広がっていく。
 
そんな賑やかで楽しい展示会でした。


A.I.bijiuxデザイナー
 
Lavagueで彫金を学んだ後、フランスへ渡仏しオートクチュール刺繍を学び、フランスでCAP(フランス国家資格)を取得。彫金と刺繍のそれぞれの伝統的な技法を用いたジュエリーは、落ち着いていて品のある雰囲気を醸し出している。現在日本でA.I.bijouxを立ち上げ積極的に活動中。

 
 
 
 

A.I.bijiux オフィシャルサイト